ahamoに乗り換え

ソフトバンクからahamo(アハモ)に乗り換え手順とポイント解説

ソフトバンクからahamo(アハモ)に乗り換えで、機種はそのままでSIMのみ契約するときの手順やポイントを解説。

【エントリーは2022年5月19日まで】他社からahamoに乗り換え+SIMカード/eSIM契約でdポイント10,000ptプレゼント!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページからキャンペーンにエントリーして、エントリー翌月末までにahamo公式サイトからドコモ以外からahamoに乗り換え+SIMカードまたはeSIMを契約して、ahamoの利用開始すると、dポイント(期間・用途限定)10000ポイントがプレゼントされます。

SIMカードのみで契約しても、eSIMで契約してもキャンペーン対象です。「eSIMの申込受付停止」というのは、すでにahamoを契約していて、SIMカードからeSIMに変更する人の話です。これから契約する人は無関係です。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

LINEMOでお得なキャンペーン実施中!

LINEMO契約でPayPayボーナス還元!

  • SIMカードやeSIM契約でPayPayボーナスが貰える!
  • 月3GB/月額990円の「ミニプラン」、月20GB/月額2728円の「スマホプラン」の2つのプランが選べる
  • LINEアプリを使ったトーク・通話・ビデオ通話が使い放題
  • ソフトバンクと同一ネットワークで高速通信できる
  • 各社提供のメールアドレス持ち運びサービスを使えばLINEMOでも今のキャリアのメールアドレスが利用可能!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万2000円値引き!

  • 2021年12月3日からUQ応援割を実施中!くりこしプランM/L契約で18歳以下の子供や家族がお得に
  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMカードやeSIMのみ契約でau PAY残高最大1万円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!
 

はじめに

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、ahamoで携帯電話番号が発行されます。ahamoではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

  • ahamoを契約したい
  • ソフトバンクの携帯電話番号はahamoに乗り換えても使いたい!
  • この番号をずっと使い続ける!

という人は、ソフトバンクでMNP予約番号を発行してahamoを「他社から乗り換え」で契約してください。

ソフトバンクで使っている携帯電話番号がahamoに引き継がれて、ahamoに乗り換えてもソフトバンクと同じ携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、ahamoを申し込む前に絶対にソフトバンクを解約しないでください。MNP予約番号を発行した後にソフトバンクを解約しないでください。

これは「新規契約」です

  • ahamoを契約したい
  • ソフトバンクの携帯電話番号は使えなくなってもいい

という人は、ソフトバンクを解約して、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ahamoをサブ回線として新しく契約したい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ドコモのスマホが余ってるからahamoのSIMカードを入れて2台目として使いたい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

機種そのままで乗り換えるときは、SIMカードのみ契約すればOKです

  • ソフトバンクからahamoに乗り換える
  • ソフトバンクで購入したAndroidスマホやiPhoneはそのまま使いたい

というときは、ahamoでSIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約すればOKです。

ahamoでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

SIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約して、SIMロックを解除した手持ちのAndroidスマホやiPhoneに入れればOKです。

2021年9月8日からは、ahamoでもeSIMサービスの提供が開始されました。新規契約またはMNP転入で契約できます。

SIMカードをスマホに入れる=ahamoの開通ではない。ahamoで「開通手続き」をするとahamoが開通

「ソフトバンクからahamoに乗り換えたいので、ahamoでSIMカードを他社から乗り換えで申し込んだ」

「ahamoのSIMカードが手元に届いた。ahamoのSIMカードをスマホに入れてAPN設定したけど、ahamoが開通できない」

これがかなりよくある勘違いポイントです。

ahamoのSIMカードを入れたスマホでデータ通信や音声通話をできるようにするには、ahamoのWEBサイトで開通手続きをする必要があります。

開通手続きが完了していない状態で、ahamoのSIMカードをスマホに入れてAPN設定をしても、ahamo回線は圏外のままです。

ahamoのWEBサイトで「開通手続き」が完了すると、ソフトバンクからahamoに回線が切り替わります。

商品到着後の設定・開通 | 申し込みの流れ | ahamoの「WEBでの開通手続き」を参考にして、開通手続きを完了させてください。

開通手続きが完了後、ahamoのSIMカードをスマホに入れてAPN設定すると、ahamo回線でデータ通信や音声通話ができるようになります。

ソフトバンクからahamoに乗り換えるときのイメージ

  1. 10月13日に、ahamoのSIMカードを「他社から乗り換え」で申し込む
  2. 10月15日にSIMカードが届いたので、同日にahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  3. 開通ボタンを押した瞬間に、ソフトバンクのSIMカードを入れているスマホの電波表示が圏外になる
  4. 回線がソフトバンクからahamoに切り替わり、ahamo回線が開通する
  5. スマホにahamoのSIMカードを入れてAPN設定すると、ahamo回線を使ってデータ通信や音声通話ができるようになる
  6. 10月15日に、ソフトバンクとの契約が自動解約される。ソフトバンクが圏外になる
  7. 10月15日に、ahamoの課金が開始される

キャンペーンエントリーはお済みですか?ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoに乗り換える前にソフトバンクでやること・確認することまとめ

【手順①】ソフトバンクのAndroidスマホがドコモ回線に対応しているか確認する

ソフトバンクが公開しているSIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧を見て、ahamoで使いたいAndroidスマホがLTE Band 1/3/19に対応しているかを確認してください。対応していたら○がついています。

LTE Band 1/3/19はドコモから販売されているAndroidスマホが絶対に対応している周波数帯です。使いたいAndroidスマホが最低限この3つの周波数帯に対応していれば、理論上はドコモ回線で通信できます。

使いたいスマホがLTE Band 1/3/19に対応していれば、ahamoに乗り換えても問題なく利用できます。

これらの表の「LTE」の項目を見て、「バンド19」に対応していれば(○がついていれば)、そのAndroidスマホはドコモ回線に対応しています。

なお、ソフトバンクで販売しているAndroidスマホは、LTE Band 19に対応していない可能性が高いです。バンド19に対応していないAndroidスマホにahamoのSIMカードを入れて利用することはおすすめしません。

バンド19に対応していないくらいで大袈裟じゃない?

ちょっと店の中に行ったり地下鉄の駅とかに行ったり、郊外に行ったりすると、電波が繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

都会でも会社のビルの自分の席だと電波が悪い・圏外になる可能性もありますよ。

電波が繋がりやすい、繋がりにくい、圏外になる、圏外にならないは完全に運ですが、毎日そういう生活していると多分ストレスになりますよ。

そうなってもいいならバンド19に対応していないスマホにahamnoのSIMカードを入れて利用すればいいと思います。

【手順②】ahamoのSIMカードは「nanoSIM」サイズのみ。使いたいスマホの対応しているSIMサイズを確認

ahamoでは「nanoSIMサイズ」のSIMカード1種類のみ提供しています。ちなみにahamoでの正式名称は「ahamo UIMカード GD01」です。

つまり、ahamoで使えるスマホもnanoSIMサイズのものだけになります。

iPhoneはiPhone 5/5s/5cからずっとSIMサイズは「nanoSIM」を採用しているので問題ありません。

Androidスマホは、だいたい2017年~2018年頃がmicroSIMからnanoSIMへ切り替わっていった過渡期になります。2019年以降はほぼ確実にnanoSIMです。

SIMサイズを確認する方法

  • 製品名で検索して製品公式サイトを見つける
  • キャリアのサポートページを見る
  • 価格コムの「スペック」ページにある「SIM情報」を見る
  • スマホからSIMカードを取り出してみる

【手順③】ahamoでもソフトバンクスマホを使うなら、My SoftBank等でスマホのSIMロック解除手続きをする

ソフトバンクで購入したAndrodスマホやiPhoneをahamoで使う場合は、ahamoを契約する前にスマホのSIMロック解除が必須です。絶対にSIMロックを解除してください。

SIMカードを入れて利用するときも、eSIMをインストールして利用するときも、SIMロック解除が絶対に必要です。

SIMロックを解除していないソフトバンクのスマホにahamoのSIMカードを入れても、スマホはSIMカードを認識しません。

ソフトバンクからahamoに乗り換えるときの基本的な手順を解説

  • dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う
  • ソフトバンクで購入したスマホをahamoでも使うなら、My SoftBank等でスマホのSIMロックを解除しておく
  • ソフトバンクでMNP予約番号を取得する
  • ahamoの契約に必要なものを準備する

【手順①】dアカウントの発行、契約に必要なものを用意する

ahamoを契約する際には、dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード番号の登録が必要になります。

また、ahamoの契約に必要なものを事前に確認して用意しておきましょう。

dアカウントの発行、dポイントクラブへの入会、オンライン発行dポイントカード利用者登録を行う

新規作成ガイド | dアカウントを参考にして、dアカウントを発行してください。

【dポイントクラブ】dポイントクラブとは - ご利用ガイドを参考にして、dポイントクラブに入会してください。おそらく自動でdアカウントの取得時にポイントクラブに入会しているはずです。

【dポイントクラブ】dポイント利用者情報登録にアクセスして、「dアカウントをお持ちの方」を選択してdアカウントにログインして、「オンライン発行dポイントカード番号」を登録してください。

ahamoを契約する場合は、dアカウントの発行とdポイントクラブの入会に加えて、必ず「オンライン発行dポイントカード番号」の登録が必要です。

ahamoの契約に必要なものを用意する

他社から乗り換えでahamoを契約するときは、

  • dアカウント
  • MNP予約番号
  • スマートフォン
  • 本人確認書類
  • クレジットカード/銀行口座
  • 連絡先フリーメールアドレス(ahamoがフリーメールアドレスを推奨)

が必要です。

【手順②】ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

ソフトバンクからahamoに乗り換えるときはMNP予約番号が必要になります。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

MNP予約番号はあらかじめ取得するよりも、ahamoを申し込む当日に取得することをオススメします。

MNP予約番号を発行する方法

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からソフトバンクに電話、②My SoftBankで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My SoftBankでMNP予約番号を取得することです。

2人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話*5533に電話9時~20時
一般電話0120-100-5533に電話9時~20時
My SoftBankトップ → My SoftBank
→ 各種変更手続き
9時~20時

どうしてもやりかたが分からないという人は電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号を発行しただけでソフトバンクが解約されることは無い

ソフトバンクでMNP予約番号を発行した=その時点でauが解約されるということは絶対にありません。

ソフトバンクが解約されるのは、ahamoに回線切替が完了したときです。

【手順③】ahamoを「他社からの乗り換え(MNP)」で申し込む

手順

  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomoを契約していない方」の選択肢を選ぶようにする
  • 「契約方法の選択」画面では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • かけ放題オプションを申し込むか申し込まないか選択する
  • dアカウントを持っているか持っていないかを選択
  • MNP予約番号、MNP予約番号有効期限、MNPで引き継ぐ電話番号の入力
  • 本人確認書類・受け取り方法を選択する
  • 契約者の個人情報、ネットワーク暗証番号の設定、商品の受取日時の選択、契約申込書の確認方法を選択
  • 支払方法を選択する。クレジットカード払いか銀行口座振替を選択する
  • 同意事項・注意事項を確認して同意する
  • 最後に申込内容の確認画面になるので、間違いがないことを確認して「注文を確定する」を選択する

契約に必要なものを用意したら、ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」や「今すぐ申し込み」ボタンを押して、申し込み画面に進んでください。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

最後の最後で「注文を確定する」ボタンを押すまでは、もちろんahamoの申し込みを途中でやめられます。ご安心ください。

キャンペーンエントリーはお済みですか?ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

契約形態を選択する

auからahamoに乗り換えるときは、「docomoを契約していない方」の選択肢を選択してください。

SIMカードのみ契約するときは【SIMのみを購入】を、eSIMのみ契約するときは【eSIMのみを購入】を、ahamoのスマホを契約するときは【スマホとSIMをセットで購入】を選択してください。

契約方法を選択する

ソフトバンクからahamoに乗り換えるときは、【他社からの乗り換え(MNP)】を選択してください。

かけ放題オプションを選択する

かけ放題オプションを申し込むか申し込まないか選択してください。

ahamoは基本通話料は5分無料(超過後22円/30秒)です。かけ放題オプションに申し込むと月額1100円で通話がかけ放題になります。

dアカウントの確認

dアカウントを持っているか持っていないかを選択してください。

このサイトではdアカウントを事前に作成することを推奨しています。あらかじめ作成したdアカウントにログインしてください。

MNP予約番号の入力

MNP予約番号、MNP予約番号有効期限、MNPで引き継ぐ電話番号を入力してください。

本人確認書類・受け取り方法の選択

本人確認書類・受け取り方法を選択してください。

お客様情報の入力

契約者の情報入力、ネットワーク暗証番号の設定、受取日時の日時の選択、契約申込書の確認方法などを選択してください。

支払い方法の設定

毎月の支払い方法の設定画面になるので、クレジットカードか銀行口座振替を選択してください。

同意・注意事項の確認

契約にあたっての注意事項の確認画面になるので、各種項目同意してください。

申込内容の確認

最後に申込内容の確認画面になるので、間違いがないことを確認して「注文を確定する」を選択してください。

キャンペーンエントリーはお済みですか?ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

dアカウントにログインするとMNP予約番号の入力画面になり、MNP予約番号、MNP予約番号有効期限、MNPで引き継ぐ電話番号の入力を求められます。

この入力欄のすぐ下にある「MNP予約番号を取得されていない方」というのは、これはキャリア別にMNP予約番号の発行方法を案内するだけのものです。契約に必要な選択肢ではありません。

たとえばワイモバイルを選ぶと、ただワイモバイルのMNP予約番号の発行方法を案内してくれます。ただそれだけです。

ahamo(アハモ)のSIMカードが手元に届いてから開通までの手順を解説

簡単な流れ

  • 新スマホを使うなら、先に新スマホにSIMカードを入れて、新スマホの初期設定・セットアップ、データ移行を行い、新スマホが使える状態にする
  • ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  • スマホにahamoのSIMカードを入れる
  • スマホでAPN設定をする(Androidスマホのみ、iPhoneは不要)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ahamoの利用開始

新スマホにSIMカードを入れて、新スマホがすぐに使える状態にしておくとよい

ahamoでは自分で新しいスマホを買ってきて使う人は、ahamoで開通手続きをする前に、新スマホのセットアップ・古いスマホから新しいスマホへのデータ移行を行いましょう。

先に新スマホを使える状態にすることで、スマホが使えなくなる時間を最小限に抑えることが狙いです。

ahamoで開通手続きをしなくても、新スマホのセットアップやデータ移行作業は可能です。先に開通手続きをしてからのんびり作業したい人はそのようにしてください。

ahamoで開通手続きをするまでは、ahamoのSIMカードを入れた新スマホは圏外表示のままです。ahamoで開通手続きをしてスマホでAPN設定をするとすぐにahamo回線で通信できるようになります。

昔と比べて、iPhoneもAndroidスマホもデータ移行が簡単になっています。だいたいの人はスマホだけで完結するでしょう。

【手順①】ahamoで開通手続きをする(午前9時から午後9時まで)

今の携帯電話会社からahamoに回線を切り替えるために、ahamo側で開通手続きをする必要があります。

他社から乗り換え時は電話での開通手続きができないので、WEBサイトから開通手続きしてください。

ahamo側で開通手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社の回線が圏外になり、ahamo回線が使えるようになります。また、このタイミングで今契約している携帯電話会社の契約が自動で解約されます。

たとえばauからahamoに乗り換えのときは以下のような流れになります。

  1. 10月15日に、ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  2. 開通ボタンを押した瞬間に、auのSIMカードを挿しているスマホの電波表示が圏外になる
  3. 回線がauからahamoに切り替わり、ahamo回線が開通する
  4. ahamo回線が使えるようになり、10月15日から課金が開始される
  5. 10月15日に、auとの契約が自動解約される

他社から乗り換えの場合は、午前9時から午後9時まで

他社から乗り換えでahamoを契約している場合は、事業者間でシステムを連携する都合上、開通手続きの受付時間は午前9時から午後9時までとなります。

受付時間外での手続きの場合はエラーとなるのでご注意ください。

24時間受け付けているのは機種変更・新規契約したときだけです。

ahamoは毎週火曜日の22時から翌日8時30分時まで定期メンテナンスを実施

毎週火曜日の22時から翌日8時30分までは定期メンテナンスを実施しているため、新規契約・乗り換え・プラン変更の手続きができなくなります。

Webでの開通手続き

WEBでの開通手続き

  • ahamoの手続きサイトまたはahamoアプリを起動してログインページを開く
  • 「受付番号でログイン」を選択
  • 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  • 商品が出荷されると「切り替え(開通)」手続きのボタンが表示される
  • 開通情報を確認して、問題がなければ「開通する」ボタンをクリックする
  • 開通処理完了画面が表示されたら完了

「受付番号でログイン」を選択

受付番号、連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号を入力してログイン

ログイン画面の下部に「切り替え(開通)手続きへ」ボタンがあるので選択すると、「開通処理のご確認」画面になります。画面下部にある「開通ボタン」を選択してください。

開通処理完了画面が表示されたら開通手続きが完了です。

【手順②】スマホにahamoのSIMカードを入れる

回線切替手続きをすると、今契約している携帯電話会社のSIMカードを挿しているスマホの電波が圏外表示になっているはずです。

スマホに挿さっている今の携帯電話会社のSIMカードを取り出して、ahamoのSIMカードを入れてください。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

スマホにahamoのSIMカードを入れて起動したら、いったんスマホを再起動させてください。機内モードのオンオフでもOKです。

iPhoneの場合

ahamoのSIMカードをiPhoneに入れて起動すると、iPhoneのアクティベーション(Apple IDとパスワードの入力)を求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

au/UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルなどで購入したAndroidスマホにahamoのSIMカードを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、SIMロック解除手続完了後にキャリアから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順③】スマホでAPN設定を行う(iPhoneは不要、Androidスマホは必要)

SIMカードをスマホに入れたら、次はスマホでAPN設定が必要になります。

APN設定とは、簡単に言うとスマホがahamoの回線に接続できるようにするための設定のことです。

APN設定が完了したら、機内モードオンオフやスマホを再起動すると、ahamoに繋がります。

iPhoneの場合

iPhoneの場合はAPN設定が不要です。SIMカードをiPhoneに挿して開通手続きが完了すると、APN設定が自動で完了します。

iPhoneにUQモバイルやワイモバイルなどのahamo以外のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、あらかじめ削除しておいてください。

他社のAPN構成プロファイルが存在すると、ahamo回線が圏外になる可能性が高いです。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、

  • 手動でAPN設定が必要なスマホ
  • SIMカードを入れるだけで使えるようになるスマホ
  • あらかじめキャリアや格安SIMのAPN設定がインストールされていて、APN設定の一覧からドコモ(ahamo)を選ぶだけでOKのスマホ

の3パターンが存在します。

au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルから販売されたAndroidスマホは、確実に手動でAPN設定が必要になります。

SIMフリーのAndroidスマホは、②か③のどちらかです。

APN設定については以下を御覧ください。

名前好きな名前を設定(ahamoなど)
APNspmode.ne.jp

【手順④】発信テスト用番号へ電話をかけて、正常に利用できることを確認してahamoの利用開始

スマホにSIMカードを入れてAPN設定をしたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認してください。

スマホのWi-Fiをオフにして、SafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

電話もデータ通信も問題なければahamoが無事に開通しています。お疲れさまでした。

【繋がらない時チェック】発信テストしましたか?他社APN構成プロファイルを削除しましたか?

ahamoの開通手続きのときによくあるのが、

  • 発信テスト用番号に発信していない
  • 開通手続きをしていない
  • iPhoneで他社APN構成プロファイルを削除していない
  • スマホのSIMロックを解除していない
  • APN設定をしていない
  • 機内モードが知らないうちにオンになっている
  • データ通信が知らないうちにオフになっている

です。データ通信や音声通話ができないときはまずこれを確認してください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoのeSIMを申し込んだ後から開通までの手順

手順

  • 「eSIM利用開始手続きのご案内」というメールが届く
  • eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoを参考にして、eSIM開通手続きを進める
  • ahamoのお手続きサイトかahamoアプリを起動して、ahamoにログインして回線切替を行う(MNP転入時)
  • 今契約している携帯電話会社・格安SIMとの契約が自動解約され、ahamoが開通してahamo回線が使えるようになる
  • eSIMを利用するAndroidスマホやiPhoneをWi-Fiに接続する
  • スマホにeSIMをインストールする
  • eSIMをインストールするために必要なQRコードは、eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoの「STEP2 eSIMプロファイルをダウンロード」に掲載されています!
  • AndroidスマホやiPhoneを再起動させる
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • ahamoの利用開始

ドコモ以外の他社から乗り換え+SIMカード契約でdポイント(期間・用途限定)10,000pt還元!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

【手順①】「eSIM利用開始手続きのご案内」というメールが届く

新規契約またはMNP転入でahamoのeSIMを申し込むと、「お申込受付のご連絡メール」と、「eSIM利用開始手続きのご案内メール」が届きます。

「eSIM利用開始手続きのご案内」メールが届くと、eSIMプロファイルのダウンロードができるようになります。

【手順②】ahamoで回線切替を行う(MNP転入時のみ)

今契約している携帯電話会社からahamoに回線を切り替えるために、ahamo側で回線切替手続きが必要になります。

回線切替手続きの流れ

  1. ahamoのお手続きサイトまたはahamoアプリを起動して、ログインページを開く
  2. 「配送状況・開通へ」から入力画面を開き、必要事項を入力してログイン
  3. 「手続き状況」画面になるので、画面下にある「回線切り替えへ」を選択
  4. 「回線切り替え」画面になるので、画面下にある「回線切り替えを行う」を選択
  5. 回線切り替え完了

【手順③】eSIMを利用するiPhoneをWi-Fiに接続する

回線切り替えが完了したら、eSIMを利用するiPhoneやAndroidスマホをWi-Fiに接続してください。

【手順④】eSIMプロファイルをスマホにインストールする

eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoを参考にして、eSIMプロファイルをスマホにインストールしてください。

eSIMプロファイルをスマホにインストールするときは、ahamoが用意したQRコードを読み取ると便利ですが、このQRコードを表示するための端末が必要になります。

ahamoのeSIMをインストールして利用するスマホではない、別のパソコン・スマホ・タブレットを用意して、QRコードを表示させてください。

eSIMをインストールするために必要なQRコードは、eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoの「STEP2 eSIMプロファイルをダウンロード」に掲載されています!

iPhoneでの手順

  1. 「設定」→「モバイル通信」をタップ
  2. 「モバイル通信を追加」をタップ
  3. QRコードを読み取るか、SM-DPアドレスを入力する
  4. 「モバイル通信プランを追加」をタップする
  5. 追加した回線の状態がアクティベート中から音になることを確認する

Androidスマホでの手順(Google Pixel)

  • 「ネットワークとインターネット」をタップ
  • 「モバイルネットワーク」をタップ
  • 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ
  • SIMのダウンロード画面になるので、「次へ」をタップ
  • QRコードを読み取るか、SM-DPアドレスを入力する
  • 「docomoを使用しますか?」画面になるので、「有効化」をタップ
  • 「docomoは有効です」画面になるので、「完了」をタップ
  • 「ネットワークとインターネット」をタップ
  • 設定したeSIMをタップ>[SIMを使用]をOFF/ON

【手順⑤】スマホを再起動する

QRコードを読み取ったら、「モバイル通信プランを追加」という画面が表示されるので、画面の指示に従って追加してください。

追加した回線の状態がアクティベート中からオンになることを確認してください。

eSIMプロファイルのダウンロード、モバイル通信プランに追加されたことを確認したら、iPhoneを再起動させてください。

【手順⑥】発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認

発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認してください。

もしもここで発信できない場合は、SIMロックを解除していない、eSIMプロファイルをインストールしていない、eSIMがオンになっていない、などの可能性があります。

【手順⑦】ahamoの利用開始

  • スマホののSIMロックが解除できている
  • eSIMをインストールしている
  • eSIMがオンになっている
  • APN設定は不要なので自動で接続

ここまでの作業が完璧であれば、無事にiPhoneのeSIMで通信ができるようになっているはずです。

ドコモ以外の他社から乗り換え+SIMカード契約でdポイント(期間・用途限定)10,000pt還元!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ソフトバンクからahamoに乗り換えるメリット

メリット

  • ソフトバンクのiPhoneならahamoでも絶対に使える
  • ソフトバンクよりも月額料金が安くなる
  • 安心と信頼のドコモ回線を使用してサービスを提供。5G対応機種なら5G回線も利用可能
  • 月額2970円(機種代金別途)で月間データ容量20GB、超過後は最大1Mbpsで通信できる
  • 国内通話料金は5分以内無料、かけ放題オプションもあり
  • 口座振替でも申し込める
  • 契約時の事務手数料、契約解除料、MNP転出手数料が無料
  • 海外でもデータ通信(ローミング)が利用可能
  • d払いが使える

ソフトバンクよりも月額料金が安くなる

ソフトバンクでメリハリ無制限やミニフィットプラン+を契約している人が楽天モバイルに乗り換えると、毎月の通信費が2000円~5000円近く安くなります。

キャリア料金プラン名料金
ソフトバンクメリハリ無制限最大7238円
ソフトバンクミニフィットプラン+最大5478円
ahamo基本プラン月額2970円

安心と信頼のドコモ回線を使用してサービスを提供。5G対応機種なら5G回線も利用可能

ahamoではドコモの高品質な回線を利用できます。

4Gネットワークだけでなく5Gネットワークにも対応しています。ドコモの5Gに対応しているスマホであれば、高速・大容量のドコモの瞬速5Gをahamoでも体験できます。

  • ドコモからahamoに移行すると通信速度が遅くなった
  • ahamoは通信速度が遅い

とかいう人がたまにいますが、そもそもドコモからahamoに移行するときは「料金プラン変更」扱いです。ahamoに乗り換えた=通信速度が遅くなる、ということ自体がありえません。

どのキャリアや格安SIMでもそうですが、契約した直後は頻繁に通信速度を測定するアプリを使って、「通信速度が速い・遅い」とか言いますが、ちょっとしたらすぐにそんなこと忘れます。

自分のいる場所、人の混雑具合、時間帯などによっていくらでも通信速度はコロコロ変わります。

他人の言う速い遅いは当てにしないほうがいいですよ。

月額2970円(機種代金別途)で月間データ容量20GB、超過後は最大1Mbpsで通信できる

ahamoは月額2970円(機種代金別途)で月間データ容量は20GBで、超過後は最大1Mbpsで通信できます。

もしも20GBを超えた場合は1GBを550円で追加できます。

また、海外82の国・地域でのパケット通信(海外ローミング)も20GBまで無料です。15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。20GBは国内利用と合わせての容量上限です。

国内通話料金は5分以内無料、かけ放題オプションもあり

ahamoは国内通話料金は5分以内なら無料になります。5分かけ放題が料金に含まれていると思ってください。ちょっとした電話や店の予約であれば5分以内で終わるでしょう。

5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」や他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

家族や友達と長電話をするなら今ならLINEの通話を利用すればいいだけです。

5分じゃ足りないという人は、月額1100円でかけ放題オプションも用意されています。

  • 【かけ放題オプション/5分以内国内通話無料について】
    海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間または多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となり、別途料金がかかります。
  • 【5分以内国内通話料無料について】
    1回あたり5分以内の通話が、回数無制限で定額対象となります。ただし、1回あたりの通話時間が5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに22円の通話料がかかります。

 

口座振替でも申し込める

ahamoの料金支払い方法は、クレジットカードか口座振替が利用できます。

クレジットカードを持っていない人でもahamoを契約できますよ。

契約時の事務手数料、契約解除料、MNP転出手数料が無料

ahamoは2年縛りや解約金はありません。途中で解約すると契約解除料が求められる、なんてことは絶対にありません。

また、

  • 新規契約事務手数料
  • 機種変更手数料
  • MNP転出手数料

も無料です。気軽にahamoを試すことができます。

なお、解約した月や他社に転出した月は、その月の月額基本料金、通話料、オプション料金などの支払いは必要です。

d払いが使える

ahamoでもd払いやドコモ払い、iDは利用できます。ご安心ください。

キャンペーンエントリーはお済みですか?ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ソフトバンクからahamoに乗り換え時の注意点やデメリットまとめ

乗り換えのデメリット

  • スマホのSIMロック解除が必須
  • ドコモ回線とソフトバンク回線はサービスエリアが微妙に異なる
  • ソフトバンクのAndroidスマホはドコモ回線との相性が悪い。iPhoneは絶対に使えるので大丈夫
  • ahamoでもソフトバンクのキャリアメールアドレスが無料で使えなくなる。使い続けたいなら有料
  • ワイモバイルの家族割引サービスや光セット割が利用できなくなる、残った家族の割引額が減る可能性がある
  • ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなる

ソフトバンク回線とドコモ回線はサービスエリアが微妙に異なる

ahamoはドコモ回線を使用してサービスを提供しています。ソフトバンク回線とはサービスエリアが微妙に異なります。

そのため、ソフトバンク回線は電波状況が良かったけれど、ドコモ回線だと場所によっては電波状況が悪くなるなどの問題が発生する可能性があります。

ソフトバンクのAndroidスマホとの相性が悪い

ソフトバンクから販売しているAndroidスマホはドコモ回線との相性が悪いです。

ソフトバンクから販売しているAndroidスマホは、当然ですがソフトバンク回線には完璧に対応していますが、ドコモ回線やau回線には対応していないAndroidスマホが非常に多いです。

これはドコモやauでも同じで、自社の回線には完璧に対応していますが、他社の回線には対応していないAndroidスマホが非常に多いです。

なお、iPhone 5s以降のiPhoneは、SIMロックを解除すればドコモ回線が使えるようになるのでご安心ください。

ahamoでもソフトバンクのキャリアメールアドレスを使いたいなら有料

ソフトバンクからahamoに乗り換えると、ソフトバンクで提供されている「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールアドレスが使えなくなります。

ahamoではキャリアメールアドレスは提供していないので、GmailやYahoo!メールなどを利用するようにしてください。

なお、ソフトバンクからahamoに乗り換え完了後に「メールアドレス持ち運び」を申し込むことで、ahamoでもソフトバンクのキャリアメールアドレスを使い続けられます。

回線のご解約後、引き続きソフトバンクのメールアドレスをご利用いただけるサービスです。

回線のご解約後、31日以内にMy SoftBankよりお申し込みください。

譲渡承認日と同日にのりかえ(MNP/番号移行)・解約すると、本サービスのお申し込みができない場合があります。

本サービスのお申し込みをご希望の場合、譲渡承認日の翌日以降にのりかえ(MNP/番号移行)・解約の手続きを行ってください。

ソフトバンクで適用されている割引が適用されなくなる

ソフトバンクで適用されている家族割引、新みんな家族割、おうち割光セットなどが適用されなくなります。

ソフトバンクで家族割を組んでいる人は、1回線少なくなることでソフトバンクでの割引額が減額されてしまうこともあるのでご注意ください。

ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなる

LINEMOからahamoに乗り換えた場合は、ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなります。ファンクラブ料金の支払い方法にキャリア決済サービスを利用している人は注意してください。

なお、ahamoでもキャリア決済サービスが提供されていますが、ドコモ本家とahamoでは決済サービスの提供差異があるので注意してください。

ソフトバンクからahamoに乗り換えるときに発生する費用(契約解除料は2022年2月1日に免除)

  • 【ソフトバンク】契約解除料は2022年2月1日に免除
  • 【ソフトバンク】MNP転出手数料は無料
  • 【ソフトバンク】乗り換えた月のソフトバンクの利用料金
  • 【ソフトバンク】分割払いで購入したスマホの残りの支払い
  • 【ソフトバンク】一部オプションは解約後もサービス継続となる場合があるので注意
  • 【ahamo】契約事務手数料 : 無料
  • 【ahamo】契約初月のahamoの利用料金(日割り計算)

【ソフトバンク】契約解除料

ソフトバンクは、2022年2月1日いから契約更新月の解約でも契約解除料は免除となりました。

【ソフトバンク】MNP転出手数料

ソフトバンクは2021年3月17日からMNP転出手数料が無料になっています。

【ソフトバンク】乗り換えた月のソフトバンクの利用料金

ソフトバンクからahamoに乗り換えた月のソフトバンクの利用料金の支払いが必要です。基本料金プランは日割り計算されないことが多いです。

【ソフトバンク】分割払いで購入したスマホの残りの支払い

ソフトバンクでスマホを分割払いで購入していて、その支払いが終わっていない場合は、ahamoに乗り換えてからも支払いは完済するまで継続します。

なお、ソフトバンクを契約しているときであれば、ソフトバンクショップに行って一括支払い、チャットサポートでの手続きもできます。

【ソフトバンク】一部オプションは解約後もサービス継続となる場合があるので注意

MNP/解約した場合に継続となる(自動解除されない)オプションサービスとして、「あんしん保証パック」や「新トクするサポート」、「トクするサポート+」、「トクするサポート」などがあります。

【ahamo】契約事務手数料 : 無料

ahamoは契約時の事務手数料は無料です。

【ahamo】契約初月のahamoの利用料金(日割り計算)

ahamoを契約した月の利用料金は日割り計算されます。

【新規契約(MNP含む)】
新規契約月の月額料金は開通日から月末の料金で日割りされます。
※新規契約(MNP含む)の場合でも、同月内にドコモの他プランへの変更(月末予約での変更の場合を除く)や回線解約などされた場合には日割りで計算いたしません。

【エントリーは2022年5月19日まで】他社からahamoに乗り換え+SIMカード/eSIM契約でdポイント10,000ptプレゼント!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページからキャンペーンにエントリーして、エントリー翌月末までにahamo公式サイトからドコモ以外からahamoに乗り換え+SIMカードまたはeSIMを契約して、ahamoの利用開始すると、dポイント(期間・用途限定)10000ポイントがプレゼントされます。

SIMカードのみで契約しても、eSIMで契約してもキャンペーン対象です。「eSIMの申込受付停止」というのは、すでにahamoを契約していて、SIMカードからeSIMに変更する人の話です。これから契約する人は無関係です。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoに関する注釈

ahamoでは、一部利用できないサービスがあります。

サポートについてahamoは申し込みからサポートまでオンラインで受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートを希望する場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) を利用してください。
なお、申し込み時の端末操作は契約者自身で実施することになります。
また、端末初期設定およびデータ移行などは 本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移行の補助を希望する人は「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途申し込んでください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。
オンライン手続きについてオンラインで24時間いつでも受付可能ですが、サイトメンテナンス中など受付できない場合があります。
月額料金についてahamoは20GB使えて月額2970円です(機種代金別途)。
国内通話料金についてahamoは国内通話料金は5分以内無料ですが、5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。
SMSや他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
海外パケット通信について海外82の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料ですが、15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかります。
国内利用と合わせての容量上限です、
端末の契約について利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がされていない場合については、ahamoを利用することはできません。
利用中の機種が対応しているかどうかはahamoサイトにてご確認ください。
SIMカードの契約についてMNP予約番号を取得の上、ahamoサイトからMNPによるサイン器申し込み手続きが必要です。

 

-ahamoに乗り換え