広告 ahamoに乗り換え

LINEモバイルからahamo(アハモ)に乗り換え(MNP)手順・方法とメリット・デメリット・注意点を徹底解説!

LINEモバイルからahamo(アハモ)に乗り換え(MNP)手順・方法とメリット・デメリット・注意点を徹底解説!

マユリカ×ahamoキャンペーン実施中!dポイント(期間・用途限定)5,000ポイント貰える!

要エントリー!ahamoを他社から乗り換えで契約するとdポイント5,000ポイント(期間・用途限定)が貰えるオトクなキャンペーンが実施中!

  • 【エントリー期間】2024年6月10から6月26日まで
  • 【ahamo開通期間】2024年6月10日から6月30日まで
  • 【エントリーサイト】ahamo申し込み前に、ahamoのキャンペーンサイトからエントリー
  • 【申込方法】ahamoサイトからSIMのみを他社から乗り換えで申し込み
  • 【ポイント進呈時期】2024年7月下旬以降順次
 

LINEモバイルからahamo(アハモ)に乗り換え手順を簡単に解説

SIMカードのみ契約+AndroidスマホやiPhoneを使い続ける

  • LINEモバイルからahamoに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • LINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneは、ahamoに乗り換えてからも使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • dアカウントの発行を行う
  • 使いたいスマホがahamoで動作確認されていることを確認する
  • LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  • クレジットカード/銀行口座、本人確認書類(&補助書類)、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomo・irumoを契約していない方」の【SIMのみを購入】を選択する
  • 「契約方法の選択」画面では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後SIMカードが手元に届く
  • ahamoのログインページを開いて、「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログインする
  • 「切り替え(開通)」手続きボタンを選択すると、開通確認画面になるので、問題なければ「開通」ボタンを選択する
  • 「開通処理完了」画面が表示されたら終了。これでahamo回線が使えるようになります
  • 手持ちのAndroidスマホやiPhoneにahamoのSIMカードを入れて、スマホの電源をオン
  • スマホでAPN設定をする(スマホでahamo回線が利用できるようにするための設定)
    iPhoneはAPN設定は不要、Androidスマホはアクセスポイント(APN)設定についてを参照
    iPhoneに他社のAPN構成プロファイルがある場合は削除する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMのみ契約+eSIM対応AndroidスマホやiPhoneを使う

  • LINEモバイルからahamoに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • LINEモバイルで購入したeSIM対応AndroidスマホやiPhoneは、ahamoに乗り換えてからも使い続ける
  • Amazonや家電量販店で、eSIMに対応したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを購入して使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • dアカウントの発行を行う
  • 対応端末一覧ページを見て、ahamoで使いたいスマホが動作確認されていること、eSIMに対応していることを確認する
  • LINEモバイルでMNP予約番号を発行する
  • クレジットカード/銀行口座、本人確認書類(&補助書類)、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomo・irumoを契約していない方」の【eSIMのみを購入】を選択する
  • 「契約方法の選択」画面では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • ahamoのお手続きサイトかahamoアプリを起動して、ahamoにログインして回線切替を行う
  • LINEモバイルとの契約が自動解約され、ahamoが開通してahamo回線が使えるようになる
  • eSIMを利用するAndroidスマホやiPhoneをWi-Fiに接続する
  • eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoを参考にして、ahamoのeSIMをAndroidスマホやiPhoneにインストール・ダウンロードする
  • AndroidスマホやiPhoneを再起動させる
  • スマホでAPN設定を行う(Androidスマホのみ、iPhoneは不要)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • ahamoの利用開始

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoに乗り換え+SIMカードとahamoのスマホをセットで契約する

SIMカード+スマホセットを申し込むときの手順や確認するポイント

  • au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、格安SIMのドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線から乗り換えでahamoを契約する
  • SIMカードとahamoで販売されているAndroidスマホやiPhoneをセットで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • dアカウントの発行を行う
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する
  • クレジットカード/銀行口座、本人確認書類(&補助書類)、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」「今すぐ申し込み」ボタンを選択する
  • 契約形態の選択画面では、「docomo・irumoを契約していない方」の【スマホとSIMをセットで購入】を選択する
  • 「スマホとSIMをセットで購入の方」の画面では、契約したいスマホを他社からの乗り換え(MNP)】のどちらかを選び「スマホを選ぶ」を選択する
  • 本体カラー、本体容量、スマホの支払回数、スマホの補償サービス、下取りの有無などを選択する
  • 後は画面の指示に従ってスマホの契約を完了させる
  • 数日後ににahamoのスマホとSIMカードのセットが手元に届く
    届いた直後はバッテリー残量が少ない可能性が高いので、届いたらすぐに充電しておきましょう
  • SIMカードを新スマホに入れて電源をオン
  • 新スマホをセットアップ、古いスマホから新しいスマホにデータを移行して、新スマホを使える状態にする
  • ahamoのログインページを開いて、「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログインする
  • 「切り替え(開通)」手続きボタンを選択すると、開通確認画面になるので、問題なければ「開通」ボタンを選択する
  • 「開通処理完了」画面が表示されたら終了。これでahamo回線が使えるようになります
  • スマホでAPN設定を行う
    iPhoneはAPN設定は不要、Androidスマホはアクセスポイント(APN)設定についてを参照
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

step
1
dアカウントの発行を行う

①dアカウントを発行する(発行必須)

ahamoを利用する際にはdアカウントが必要になります。dアカウントを持っていない人は事前に取得するとスムーズにahamoを申し込めます。

dアカウントとは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどでdアカウント対応のサービスやdポイントを利用するときに必要なお客様IDです、

ドコモの契約の有無にかかわらず、誰でも無料で取得できます。dアカウントの作成はdアカウントから。特に難しい操作を求められることはないのでご安心ください。

②新たにdアカウントを取得すると「dポイントクラブ」にも自動入会

新たにdアカウントを取得すると、dポイントクラブにも自動で入会されます。

dポイントクラブに関しては、【dポイントクラブ】dポイントクラブとは - ご利用ガイドをご覧ください。おそらく自動でdアカウントの取得時にポイントクラブに入会しているはずです。

③「オンライン発行dポイントカード番号」を登録する

ahamoを契約する場合は、dアカウントの発行とdポイントクラブの入会に加えて、必ず「オンライン発行dポイントカード番号」の登録が必要です。

dポイントクラブ会員情報をすでに登録している場合、ahamoに申し込んだ際にdポイントクラブ会員情報がahamo契約回線の利用者情報に更新されます。

簡単な流れ

  • dポイント利用者情報登録|NTTドコモにアクセス
  • 「登録する」を選択
  • 「オンライン発行dポイントカード番号」を選択
  • 必要な情報を入力
  • 入力内容を確認
  • dポイント利用者情報登録/オンライン発行dポイントカード番号の発行が完了

step
2
今契約している携帯電話会社・格安SIMで、MNP予約番号を発行する

今使っている携帯電話番号をahamoでも引き継いで使いたいときは、今契約している携帯電話会社・格安SIMでMNP予約番号を発行してください。

格安SIMのなかには、MNP予約番号の発行に数日かかるようなところがあるので注意してください。

step
3
ahamoの契約に必要なものを用意する

他社から乗り換えでahamoを契約するときは、MNP予約番号、端末のSIMロックの解除、本人確認書類、クレジットカード/銀行口座、連絡先フリーメールアドレス、カメラ付きスマホ(eKYC用)が必要です。

step
4
ahamoのスマホとSIMのセットを「他社からの乗り換え(MNP)」で申し込む

手順

  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomo・irumoを契約していない方」の選択肢を選ぶようにする
  • 「契約方法の選択」画面では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる

契約に必要なものを用意したら、ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」や「今すぐ申し込み」ボタンを押して、申し込み画面に進んでください。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

  • au/UQモバイル/povo1.0/povo2.0
  • ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO
  • 楽天モバイル
  • 格安SIMのドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

からahamoに乗り換えでスマホとSIMをセットで契約するときは、「docomo・irumoを契約していない方」の【スマホとSIMをセットで購入】を選択してください。

スマホの選択画面になるので、「他社からの乗り換え」を選択していること、正しい本体容量(iPhoneのみ選択肢あり)を選んでいることを確認して、【スマホを選ぶ】を選択してください。

あとは画面の指示に従って手続きを進めていき、ahamoのSIMとスマホのセットの契約を完了させてください。

SIMカード+スマホのセットが手元に届いてから開通までの手順

簡単な流れ

  • 数日後にahamoのSIMカード+スマホのセットが手元に届く
    スマホはバッテリー残量が非常に少なくなっている可能性があるので、手元に届いたらすぐに開封して充電する
  • 新スマホの初期設定・セットアップ、データ移行を行い、新スマホが使える状態にする
    この時点で新スマホにSIMカードを入れておいてもよい
  • ahamoのWEBサイトで開通切り替え手続きをする
  • 回線が今の携帯電話会社からahamoに切り替わる
  • 新スマホにahamoのSIMカードを入れる
  • 新スマホでAPN設定をする(Androidスマホのみ)
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ahamoの利用開始

SIMカードとスマホのセットが手元に届いてから開通までの手順は、ahamo側でも解説が用意されています。

step
1
数日後にahamoのSIMカード+スマホのセットが手元に届く

数日後にahamoのSIMカードとスマホのセットが手元に届きます。申し込んだ商品と相違ないか確認してください。

スマホはバッテリー残量が非常に少なくなっている可能性があるので、手元に届いたらすぐに開封して充電するようにしましょう。

step
2
新スマホのセットアップ、データ移行を行って新スマホが使える状態にする

ahamoで開通手続きをする前に、新スマホのセットアップ・古いスマホから新しいスマホへのデータ移行を行いましょう。

ahamoで開通手続きをしなくても、新スマホのセットアップやデータ移行作業は可能です。

ahamoの商品到着後の設定・開通 | 申し込みの流れ | ahamoを見てみると、ステップ4でSIMカードを新スマホに入れていますが、この時点で新スマホにahamoのSIMカードを入れておいてもOKです。

この時点ではahamoのSIMカードを入れた新スマホは圏外表示のままです。ahamoで開通手続きをしてスマホでAPN設定をすると、すぐにahamoで通信できるようになります。

昔と比べて、iPhoneもAndroidスマホもデータ移行が簡単になっています。だいたいの人はスマホだけで完結するでしょう。

step
3
ahamoで開通手続きをする(午前9時から午後9時まで)

今の携帯電話会社からahamoに回線を切り替えるために、ahamo側で開通手続きをする必要があります。

他社から乗り換え時は電話での開通手続きができないので、WEBサイトから開通手続きしてください。

他社から乗り換えの場合は、午前9時から午後9時まで

他社から乗り換えでahamoを契約している場合は、事業者間でシステムを連携する都合上、開通手続きの受付時間は午前9時から午後9時までとなります。

受付時間外での手続きの場合はエラーとなるのでご注意ください。

24時間受け付けているのは機種変更・新規契約したときだけです。

ahamoは毎週火曜日の22時から翌日8時30分時まで定期メンテナンスを実施

毎週火曜日の22時から翌日8時30分までは定期メンテナンスを実施しているため、新規契約・乗り換え・プラン変更の手続きができなくなります。

Webでの開通手続き

WEBでの開通手続き

  • ahamoの手続きサイトまたはahamoアプリを起動してログインページを開く
  • 「受付番号でログイン」を選択
  • 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  • 商品が出荷されると「切り替え(開通)」手続きのボタンが表示される
  • 開通情報を確認して、問題がなければ「開通する」ボタンをクリックする
  • 開通処理完了画面が表示されたら完了

「受付番号でログイン」を選択

受付番号、連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号を入力してログイン

ログイン画面の下部に「切り替え(開通)手続きへ」ボタンがあるので選択すると、「開通処理のご確認」画面になります。画面下部にある「開通ボタン」を選択してください。

開通処理完了画面が表示されたら開通手続きが完了です。

step
4
今の携帯電話回線が圏外になり、ahamo回線が使えるようになる

ahamo側で開通手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社の回線が圏外になり、ahamo回線が使えるようになります。また、このタイミングで今契約している携帯電話会社の契約が自動で解約されます。

たとえばauからahamoに乗り換えのときは以下のような流れになります。

  1. 10月15日に、ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  2. 開通ボタンを押した瞬間に、auのSIMカードを挿しているスマホの電波表示が圏外になる
  3. 回線がauからahamoに切り替わり、ahamo回線が開通する
  4. ahamo回線が使えるようになり、10月15日から課金が開始される
  5. 10月15日に、auとの契約が自動解約される

step
5
スマホでAPN設定を行う(Androdスマホのみ)

SIMカードをスマホに入れたら、次はスマホでAPN設定が必要になります。

APN設定とは、簡単に言うとスマホがahamoの回線に接続できるようにするための設定のことです。

APN設定については以下を御覧ください。

名前好きな名前を設定(ahamoなど)
APNspmode.ne.jp

step
6
発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認

スマホにSIMカードを入れてAPN設定をしたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認してください。

step
7
開通していることを確認してahamoの利用開始

スマホのWi-Fiをオフにして、SafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoの契約後に、ドコモオンラインショップで最新iPhoneなどを購入する(iPhone 13シリーズなど)

  • ahamoをすでに契約している
  • ドコモオンラインショップで販売されているiPhoneやAndroidスマホを契約したい

ときの手順は以下の通り。

手順

  • ドコモオンラインショップにアクセス
  • ドコモオンラインショップで販売中の申し込みたいiPhoneやAndroidスマホを選ぶ
  • 分割払いか一括払いか分割払いを選ぶ。分割払いは支払回数を選ぶ
  • 一括払い時は、ショッピングカート画面で「ahamoを継続する」を選択する
    分割払い時は「ahamoを継続するかどうか」みたいなメッセージが一切出てこないけど、ahamoで継続されるので大丈夫です
  • 【カートに入れる】を選択して、あとは画面の指示に従って機種変更の注文を完了させる

手順はドコモオンラインショップで機種変更で申し込みするときと同じです。

ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

カンタン手続き+分割払い選択時

「カンタン手続き」を使用して分割払い購入するときは、「ahamoを継続しますか?」みたいなメッセージが一切出てこないので不安になるかと思いますが、「内容確認」の画面の下の方にある、「月々の支払額」を見るとちゃんとahamoの月額料金の2970円が表示されているのでご安心ください。

一括払い選択時

一括払いを選択してカートに入れるとショッピングカート画面に移動しますが、このときに「料金プランを選択してください」という選択肢が表示されるので、もちろん「ahamoを継続する」を選択してください。

ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

ahamo(アハモ)公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

LINEモバイルからahamo(アハモ)に乗り換え+SIMカード/eSIM+スマホを契約するときの流れを詳しく解説

【手順①】dアカウントの発行/ahamoの契約に必要なものを用意する

ahamoを契約するときはdアカウントの発行が必要になります。また、本人確認書類・契約者名義のクレジットカード・口座情報を準備してください。

ahamoを契約するときはdアカウントの発行等が必要

新規作成ガイド | dアカウントを参考にして、dアカウントを発行してください。

dアカウント作成時には、メールアドレスとSMSが受信できる携帯電話端末が必要です。

ahamoの契約に必要なものを用意する

他社から乗り換えでahamoを契約するときは、

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード/キャッシュカード(口座情報)
  • 連絡先フリーメールアドレス(ahamoがフリーメールアドレスを推奨)
  • MNP予約番号

が必要です。

利用できる本人確認書類

以下の本人確認書類を準備してください。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

【手順②】使いたいスマホがahamoで動作確認されているかをチェック

ahamoでSIMのみ契約する場合は以下の項目をチェックしてください。

チェックリスト

  • SIMを入れて使いたいスマホがahamoで動作確認されているかを対応端末一覧 | ahamoでチェック
  • iPhoneはSIMフリー版iPhoneでも、SIMロック解除済みキャリア版iPhoneどちらも絶対に使える
  • Androidスマホはドコモ回線(LTE Band 1/3/19)に対応しているか確認。SIMフリー版Androidは絶対にドコモ回線に対応、キャリア版Androidスマホは要確認
  • eSIMを契約するなら対応スマホであることを確認する

eSIMを契約して利用するなら、eSIM対応スマホであることを確認する

eSIMを契約して利用するなら、eSIM対応スマホであることを確認する

ahamoのeSIMのみ契約する場合は、eSIM対応スマホであることを確認してください。

【手順③】スマホのSIMロックを解除する(購入時期によりiPhoneのみSIMロックあり)

LINEモバイルで販売されたAndroidスマホは全てSIMフリーです。SIMロックを解除する必要はありません。

LINEモバイルで販売されたiPhoneは購入下敷きによってはSIMロックがかかっています。ahamoでも使う場合は、ahamoを契約する前にLINEモバイルでSIMロックの解除が絶対に必要です。

2020年4月6日以降にiPhoneを購入した場合はSIMロックが解除された状態になっています。

2020年4月5日以前にiPhoneを購入した場合は、SIMロックの解除が必要です。

【手順④】MNPワンストップ方式を利用するか、LINEモバイルでMNP予約番号を取得するか決める

LINEモバイルからahamoに乗り換える際に、MNPワンストップ方式を利用して申し込むか、従来どおりにLINEモバイルでMNP予約番号を発行して申し込むかどうか決めてください。どちらでもいいです。

LINEモバイルとahamoはMNPワンストップ対応事業者です。

MNPワンストップは、従来必要だったMNP予約番号の発行・取得手続きが不要になる制度です。面倒な手続きが不要になり、より簡単でより早く乗り換えが可能になりました。

LINEモバイルを1回線だけ契約しているシンプルな人は、MNPワンストップを利用すればLINEモバイルからahamoへの乗り換えもスムーズにできるでしょう。

LINEモバイルでMNP予約番号を発行する方法

LINEモバイルでMNP予約番号の発行方法は、LINEモバイルのマイページから行えます。電話や店舗などではMNP予約番号の発行はしていません。

マイページから申し込み後、当日から3日程度で発行されます。日数に幅があるので、申し込むときは気をつけてください。狙った日に申し込めない可能性があります。

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間で、ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

【手順⑤】ahamoを、「他社からの乗り換え(MNP)」で申し込む

手順

  • ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」ボタンを押す
  • 契約形態の選択画面では、「docomo・irumoを契約していない方」の選択肢を選ぶようにする
  • 「契約方法の選択」画面では【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 後は画面の指示に従ってahamoの契約を完了させる

契約に必要なものを用意したら、ahamo公式サイトにアクセスして、「申し込み」や「今すぐ申し込み」ボタンを押して、申し込み画面に進んでください。

ahamoをMNPで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。MNP予約番号を取得したらすぐにahamoに申し込むようにしましょう。

ahamo(アハモ)公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

「docomo・irumoを契約していない方」を選択すること

docomo・irumoを契約していない方

LINEモバイルからahamoに乗り換えときは、「契約形態の選択」画面で、「docomo・irumoを契約していない方」の選択肢から適切なものを選んでください。

SIMカードのみ契約するときは【SIMのみを購入】、eSIMのみ契約するときは【eSIMのみを購入】を選択してください。

契約形態・オプションを選択

「契約形態・オプションの選択」の項目になるので、「他社からの乗り換え(MNP)」を選択してください。

後は画面の指示に従って手続きを進めていってください。

MNP予約番号は申込時に入力

dアカウントにログインするとMNP予約番号の入力画面になり、MNP予約番号、MNP予約番号予約番号有効期限、MNPで引き継ぎ電話番号の入力を求められます。

この入力欄のすぐ下にある「MNP予約番号を取得されていない方」というのは、これはキャリア別にMNP予約番号の発行方法を案内するだけのものです。契約に必要な選択肢ではありません。

たとえばワイモバイルを選ぶと、ただワイモバイルのMNP予約番号の発行方法を案内してくれます。ただそれだけです。

【おまけ】eSIM契約時の「EID」の確認方法

eSIMを契約するときに、手続きの途中で途中でEIDの入力を求められます。

EIDは、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の真ん中らへんにあります。このEIDはコピーできるようになっています。コピーして貼り付ければOKです。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)の開通手順を解説

【手順①】ahamoアプリ/手続きサイトで開通手続きをする

ahamoのSIMカードやスマホセットが自宅に届き次第、ahamo側で開通手続きを実施してください。

eSIM契約時は、「eSIM利用開始手続きのご案内」メールが届くと、開通手続きおよびeSIMプロファイルのダウンロードができるようになります。

ahamo回線を使えるようにするためには、新規契約時も他社から乗り換え時も、ahamoアプリまたは手続きサイトで開通手続き(回線切り替え手続き)をする必要があります。

開通手続きを実施していない状態のahamoのSIMカードをスマホに入れても、スマホはahamoのSIMカードを認識しません。iPhoneだと「SIMが無効です」と表示されます。

開通手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社や格安SIMとの契約が自動で解約され、ahamoが開通します。

WEBでの開通手続き

  • ahamoのWEBサイトまたはahamoアプリを起動してdアカウントでログインする
  • 商品が出荷されると「切り替え(開通)」手続きのボタンが表示される
  • 開通情報を確認して、問題がなければ「開通する」ボタンをクリックする
  • 開通処理完了画面が表示されたら完了

【手順②】スマホにSIMカードを入れる/eSIMプロファイルをインストールする

手持ちのAndroidスマホやiPhoneにahamoのSIMカードを入れる/eSIMプロファイルをインストールしてください。

SIMカードを契約している場合

SIMカードをIC部分の後ろから上に押し上げます。外れたIC部分を起こし、カードから完全に取り外します。

機種の側面の穴にSIM取り出し用ピンを差し、完全に奥にささるまで差します。SIMトレイが差すと同時に引き出されます。

SIMカードをSIMカードトレイに置き、機種に差し込みます。

eSIMを契約している場合

AndroidスマホやiPhoneにahamoのeSIMプロファイルをダウンロードしてください。

eSIMプロファイルダウンロード方法は、①スマホの初期設定前、②スマホの初期設定後、③手動でプロファイルをダウンロード、の3つの方法が用意されています。

SIMだけ契約して手持ちのスマホで使う場合は②か③になります。プッシュ通知またはスマホの設定画面からeSIMプロファイルをダウンロードできます。

iPhoneは、プッシュ通知または設定の「モバイル通信の設定を完了」をタップするとeSIMアクティベート画面になるので「続ける」をタップしていくとモバイル通信設定が完了します。

Androidスマホは、プッシュ通知の「eSIMを追加」をタップするとeSIMのダウンロード画面になるので「ダウンロード」をタップし、eSIMのダウンロードが完了したら「完了」をタップしてください。その後「SIMを使用」をオンにしてください。

【手順③】AndroidスマホでAPN設定を行う(iPhoneは不要)

ahamoのSIMカード/eSIMプロファイルを入れた後は、APN設定を行ってください。




iPhoneのAPN設定

iPhoneはAPN設定不要です。iPhoneがahamoのSIMカードやeSIMを認識するとahamoのAPN設定が自動で完了します。

iPhone内にUQモバイルやワイモバイルなどの他社格安SIMのAPN構成プロファイルが存在すると、ahamo(ドコモ回線)でデータ通信や音声通話ができなくなる、圏外になるなどの問題が発生します。他社APN構成プロファイルは削除してください。

ahamoサイト内にある「iPhone利用開始設定」のプロファイルは、iPhoneでデータ通信できるようにする「APN構成プロファイル」ではありません。

当該プロファイルをインストールすると、iPhoneのホーム画面上にドコモやahamo関連のアプリのダウンロードリンクが4つ~5つ追加されるだけです。

そもそもahamoでは、データ通信できるようにするための「APN構成プロファイル」は最初から提供・配布されていません。iPhoneには「APN設定」という概念すらありません。

AndroidのAPN設定

「APN設定(アクセスポイント設定)」を参考にして、AndroidスマホでAPN設定してください。

Androidスマホは、ahamoのSIMカード/eSIMを認識するとahamoのAPN設定が自動で完了する機種もあります。

  • 「設定」→「ネットワークとインターネット」をタップ
  • 「モバイルネットワーク」をタップ
  • 「アクセスポイント名」をタップ
  • 右上の「+」ボタンをタップし、「名前」は任意のものを入力、「APN」を「spmode.ne.jp」に設定する
  • 「認証タイプ」を「未設定」あるいは「なし」を選択、「APNプロトコル」を「IPv4/IPv6」に設定
  • 右上の「︙」ボタンを選択し、「保存」をタップ
  • 先ほど設定したAPNをチェック

【手順④】発信テスト用番号へ電話をかけて利用開始

発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけ、正常に利用できることを確認してください。

発信テスト用番号へ電話をかけると着信が来ます。着信後「ただいま着信試験をおこなっております。」というガイダンスが流れたら正常に利用できています。

その後、スマホのWi-Fiをオフにして、モバイルデータ回線を使ってSafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

電話もデータ通信も問題なければahamoが無事に開通しています。お疲れさまでした。

ahamoで新スマホを使うなら、ahamo開通手続き前後に新スマホの初期設定やデータ移行を行う

  • ahamoの契約と同時に、ahamoサイトで販売されているAndroidスマホやiPhoneを購入した
  • Apple Store, Amazon、家電量販店などでSIMフリー版スマホを購入した

という場合は、ahamoの開通手続きの前後で、新スマホの初期設定や旧スマホから新スマホへのデータ移行を実施しておきましょう。

手持ちのスマホをそのままahamoでも使うという人はデータ移行は不要です。

iPhoneのデータ移行方法

クイックスタート、iCloud、iTunesまたはFinderを使ってデータ移行できます。ほとんどの人はクイックスタート機能を使うでしょう。

Androidスマホのデータ移行方法

スマホ内のコンテンツ・データ・設定は、Google アカウントにバックアップできます。バックアップした情報は、元のスマートフォンや他の Android スマートフォンに復元できます。

各メーカーサイトでもデータ移行方法を案内していますので、こちらもご利用ください。

ahamo(アハモ)契約時に利用できるキャンペーン一覧

ahamoサイトでは、SIMのみを他社から乗り換えで契約するとdポイントが貰えるキャンペーン、スマホを契約すると機種大輝にゃdポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

たとえば2024年2月のSIMのみキャンペーンはステミレイツ×ahamoキャンペーン|ahamoが実施されています。ahamo契約前にエントリーしましょう。

どちらもdポイント5,000ポイントが貰えて、コラボ相手のグッズが全員または抽選で当たります。

キャンペーン名キャンペーン内容
◯◯×ahamoキャンペーンahamo契約前エントリー必須
SIMのみを他社から乗り換え契約で
dポイントが5000ポイント貰える
コラボ相手のグッズが貰える
5G WELCOME割対象の5Gスマートフォンを購入すると
購入方法に応じて機種代金から割引
またはdポイント(期間・用途限定)
が貰える
オンラインショップ
おトク割
対象機種をする人を対象
機種代金から割引
すべての購入方法が対象
機種だけ(白ロム)購入も含む
オンラインショップ
限定機種購入割引
オンラインショップで対象機種を購入する人が対象
購入時にオンラインショップ価格から割引
すべての購入方法が対象
機種だけ(白ロム)購入も含む
端末購入割引対象のスマートフォンを購入で
購入方法に応じて
オンラインショップ価格から割引

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)のSIMカード+スマホのセットが手元に届いてから開通までの手順

簡単な流れ

  • 数日後にahamoのSIMカード+スマホのセットが手元に届く
  • 新スマホにahamoのSIMカードをいれて、新スマホの初期設定・セットアップ、新スマホへのデータ移行を行い、新スマホが使える状態にする
  • ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  • 回線が今の携帯電話会社からahamoに切り替わる
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、ahamoの利用開始

【手順①】数日後にahamoのSIMカード+スマホのセットが手元に届く

数日後にahamoのSIMカードとスマホのセットが手元に届きます。申し込んだ商品と相違ないか確認してください。

スマホはバッテリー残量が非常に少なくなっている可能性があるので、手元に届いたらすぐに開封してスマホを充電するようにしましょう。

【手順②】新スマホにSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ、データ移行を行って新スマホが使える状態にする

ahamoで開通手続きをする前に、新スマホにSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ・古いスマホから新しいスマホへのデータ移行を行いましょう。

ahamoで開通手続きをしなくても、新スマホのセットアップやデータ移行作業は可能です。

この時点ではahamoのSIMカードを入れた新スマホは圏外表示のままです。ahamoで開通手続きをしてスマホでAPN設定をするとすぐにahamo回線で通信できるようになります。

昔と比べて、iPhoneもAndroidスマホもデータ移行が簡単になっています。だいたいの人はスマホだけで完結するでしょう。

【手順③】ahamoで開通手続きをする(午前9時から午後9時まで)

今の携帯電話会社からahamoに回線を切り替えるために、ahamo側で開通手続きをする必要があります。

他社から乗り換え時は電話での開通手続きができないので、WEBサイトから開通手続きしてください。

他社から乗り換えの場合は、午前9時から午後9時まで

他社から乗り換えでahamoを契約している場合は、事業者間でシステムを連携する都合上、開通手続きの受付時間は午前9時から午後9時までとなります。

受付時間外での手続きの場合はエラーとなるのでご注意ください。

24時間受け付けているのは機種変更・新規契約したときだけです。

ahamoは毎週火曜日の22時から翌日8時30分時まで定期メンテナンスを実施

毎週火曜日の22時から翌日8時30分までは定期メンテナンスを実施しているため、新規契約・乗り換え・プラン変更の手続きができなくなります。

Webでの開通手続き

WEBでの開通手続き

  • ahamoの手続きサイトまたはahamoアプリを起動してログインページを開く
  • 「受付番号でログイン」を選択
  • 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  • 商品が出荷されると「切り替え(開通)」手続きのボタンが表示される
  • 開通情報を確認して、問題がなければ「開通する」ボタンをクリックする
  • 開通処理完了画面が表示されたら完了

「受付番号でログイン」を選択

受付番号、連絡先電話番号、ネットワーク暗証番号を入力してログイン

ログイン画面の下部に「切り替え(開通)手続きへ」ボタンがあるので選択すると、「開通処理のご確認」画面になります。画面下部にある「開通ボタン」を選択してください。

開通処理完了画面が表示されたら開通手続きが完了です。

【手順④】今の携帯電話回線が圏外になり、ahamo回線が使えるようになる

ahamo側で開通手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社の回線が圏外になり、ahamo回線が使えるようになります。また、このタイミングで今契約している携帯電話会社の契約が自動で解約されます。

たとえばauからahamoに乗り換えのときは以下のような流れになります。

  1. 10月15日に、ahamoのWEBサイトで開通手続きをする
  2. 開通ボタンを押した瞬間に、auのSIMカードを挿しているスマホの電波表示が圏外になる
  3. 回線がauからahamoに切り替わり、ahamo回線が開通する
  4. ahamo回線が使えるようになり、10月15日から課金が開始される
  5. 10月15日に、auとの契約が自動解約される

【手順⑤】発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認

スマホにSIMカードを入れてAPN設定をしたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認してください。

【手順⑥】開通していることを確認してahamoの利用開始

スマホのWi-Fiをオフにして、SafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)のメリットや特徴を解説

メリット

  • 安心と信頼のドコモ回線を使用
  • 月額2,970円(機種代金別途)で月間データ容量20GB、20GB超過後は通信速度最大1Mbpsで通信できる
  • 大盛りオプション契約で月100GBまで使える
  • 1回5分以内の国内通話が無料、かけ放題オプションもあり
  • 2年縛りや解約金は無く、契約事務手数料無料、契約解除料(違約金)無料、MNP転出手数料無料
  • dカードボーナスパケット特典
  • 対象サービス契約でdポイント(期間・用途限定)が貰える「爆アゲセレクション」
  • ahamoでSIMのみ契約しても、ドコモオンラインショップで機種変更手続きが可能

安心と信頼のドコモ回線を使用

ahamoではドコモの高品質な回線を利用できます。

ドコモとahamoの通信エリアは同じです。「ドコモだと通信できるけどahamoだと通信できないエリアがある」「ドコモとahamoは電波が違う」みたいなことは絶対にありません。ドコモ同様の安定した通信も期待できるでしょう。

4Gネットワークだけでなく5Gネットワークにも対応しているので、高速・大容量のドコモの瞬速5Gをahamoでも体験できます。

ahamoの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月間) 2024年1月時点

ahamoの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

時間帯Ping下り上り
47.5ms92.94Mbps10.64Mbps
54.24ms57.44Mbps8.32Mbps
夕方49.08ms112.19Mbps13.99Mbps
52.99ms70.04Mbps9.24Mbps
深夜48.42ms87.98Mbps11.91Mbps

月額2970円(機種代金別途)で月間データ容量20GB、超過後は最大1Mbpsで通信できる

ahamoは月額2970円(機種代金別途)で月間データ容量は20GBで、20GB超過後は通信速度最大1Mbpsで通信できます。もしも20GBを超えた場合は1GBを550円で追加できます。

大手キャリアの無制限プランを契約しているけど毎月15GBくらいしか使っていない、という人はahamoに乗り換えるだけで毎月の携帯料金が数千円は安くなるでしょう。

通信速度が最大1MbpsあればYouTubeでも画質を低くすればなんとか視聴できますし、InstagramやTwitter(X)の閲覧、LINEのテキストメッセージへの応答も問題ないでしょう。

また、ahamoは追加料金不要・申込不要で、海外91の国・地域でのパケット通信(海外ローミング)も20GBまで無料です。日本人の渡航先約95%のエリアをカバーしています。なお、大盛りオプション加入時でも海外で利用できるのは20GBまでで、20GBを超える等すると速度制限がかかります。

大盛りオプション契約で月100GBまで使える

データ容量80GBを1,980円で追加可能な「大盛りオプション」を組み合わせることで、テザリングでの利用を含めて毎月合計100GBが月額4950円で利用できます。100GB超過後は最大1Mbpsでデータ通信できます。

Wi-Fiスポットはあるけど回線がゴミなときに、100GBもあれば気にせずにWi-Fiをオフにしてahamoでデータ回線できます。外出先で空き時間にちょっとYouTubeで動画を見ても問題ないでしょう。

WiMAXやポケットWi-Fiを利用している人は解約してahamoで大盛りオプションを契約すれば節約することも可能です。

国内通話料金は5分以内無料、かけ放題オプションもあり

ahamoは国内通話料金は1回5分以内の通話が無料になります。5分間のかけ放題が料金に含まれていると思ってください。ちょっとした電話や店の予約であれば5分以内で終わるでしょう。

5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」や他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

家族や友達と長電話をするなら今ならLINEの通話を利用すればいいだけです。

5分じゃ足りないという人は、月額1100円でかけ放題オプションも用意されています。

口座振替でも申し込める

ahamoの料金支払い方法は、クレジットカードか口座振替(銀行口座支払い)が利用できます。

クレジットカードを持っていない人でもahamoを契約できますよ。

dカードボーナスパケット特典

ahamoの料金の支払いを「dカード」または「dカードGOLD」に設定すると、毎月のデータ容量が増量します。

  • dカードの場合 : +1GB/月
  • dカード GOLDの場合 : +5GB/月

LINEモバイルからahamoに乗り換え時の注意点やデメリット

ahamoでもキャリアメールアドレスの提供は無い

povoやLINEMOと同様にahamoもキャリアメールアドレスの提供はありません。GmailやYahoo!メールなどのフリーメールサービスを利用してください。

データ容量の翌月繰越ができない

ahamoは当月に余ったデータ容量の翌月繰越はできません。

たとえば1月に10GB使った場合は、2月に残り10GBを繰り越して合計30GB使える、なんてことは絶対に無いです。毎月リセットされます。20GBしか使えません。

5分無料通話は外せないので、極限まで安くしたい人は向いてない

povoでは5分以内通話かけ放題は有料オプションとして用意されていましたが、ahamoではこれがプラン料金に含まれています。

5分無料通話はいらないからもっと安くしてくれ、と思う人にahamoは向いていません。

転送電話サービスが無い

ahamoでは転送電話サービスがありません。使っていない人からしたら何も関係ないです。

ahamoはLINEフリー/データフリーではない

LINEモバイルは、

  • LINE利用時のデータ通信量がゼロになる「LINEフリー」
  • LINE, Twitter, FaceBook利用時のデータ通信量がゼロになる「SNSデータフリー」
  • LINEや主要SNSに加えて、Instagramと音楽配信サービス利用時のデータ通信量がゼロになる「SNS音楽データフリー」

というユニークなデータフリーオプションがありましたが、ahamoではそういうデータフリーオプションは一切存在しません。

ahamo(アハモ)公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

LINEモバイルからahamoに乗り換えでよくある質問

機種そのままで乗り換えahamoに乗り換えたいけど大丈夫?

  • LINEモバイルからahamoに乗り換える
  • LINEモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneはそのまま使いたい
  • 過去購入したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneにLINEモバイルのSIMカードを入れて使っていた。ahamoでもSIMカードのみ契約して使いたい

というときは、ahamoでSIMカードのみを「他社から乗り換え」で契約すればOKです。

そもそもLINEモバイルのサービス開始当初はドコモ回線のみ提供していたので、LINEモバイルから販売されているAndroidスマホは絶対にドコモ回線に対応しています。

iPhoneはSIMロックを解除すればahamoでも絶対に使えます。

ahamoのSIMカードを入れても/eSIMを入れてもスマホ内の写真・動画・書類・アプリ・LINE・連絡先などのデータは絶対に消えません。ご安心ください。

これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今使っている携帯電話番号を引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、ahamoで携帯電話番号が発行されます。ahamoではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

「ahamoを契約したい。LINEモバイルの携帯電話番号はahamoに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、LINEモバイルでMNP予約番号を発行してahamoを「他社から乗り換え」で契約してください。

LINEモバイルで使っている携帯電話番号がahamoに引き継がれて、ahamoでもLINEモバイルの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、ahamoを申し込む前に絶対にLINEモバイルを解約しないでください。MNP予約番号を発行した後にLINEモバイルを解約しないでください。

これは「新規契約」です

「ahamoを契約したい。LINEモバイルの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、LINEモバイルを解約して、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ahamoをサブ回線として新しく契約したい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

「ドコモのスマホが余ってるからahamoのSIMカードを入れて2台目として使いたい」という人は、ahamoを「新規契約」で契約してください。

Lahamoに乗り換え時にLINEモバイル側で発生する費用は何がある?

  • 【LINEモバイル】解約事務手数料1100円
  • 【LINEモバイル】MNP転出手数料無料
  • 【LINEモバイル】ahamoに乗り換えた月のLINEモバイルの利用料金
  • 【LINEモバイル】SIMカード返却費用

LINEモバイルは解約事務手数料1100円がかかります。MNP転出手数料は2021年4月1日から無料です。

LINEモバイルからahamoに乗り換える際に、LINEモバイル側で1100円の支払いが必要です。

LINEモバイルを月の途中で解約(LINEモバイルからahamoに乗り換える)する場合、料金は日割り計算になりません。月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。

【LINEモバイル】SIMカード返却費用

ご解約手続き後に、SIMカードを送料自己負担でご返却いただく必要があります。
下記の住所宛までご送付ください。

▼SIMカード返送先
〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR市川ディストリビューションセンター3F 南棟
LINEモバイル株式会社 返却窓口

ahamo側で契約時に発生する手数料は?

  • 【ahamo】契約事務手数料 : 無料
  • 【ahamo】契約初月のahamoの利用料金(日割り計算)

ahamoは契約事務手数料無料です。

ahamoを契約した月の利用料金は日割り計算されます。節約したいなら月半ば以降の申し込みがおすすめです。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

 

マユリカ×ahamoキャンペーン実施中!dポイント(期間・用途限定)5,000ポイント貰える!

要エントリー!ahamoを他社から乗り換えで契約するとdポイント5,000ポイント(期間・用途限定)が貰えるオトクなキャンペーンが実施中!

  • 【エントリー期間】2024年6月10から6月26日まで
  • 【ahamo開通期間】2024年6月10日から6月30日まで
  • 【エントリーサイト】ahamo申し込み前に、ahamoのキャンペーンサイトからエントリー
  • 【申込方法】ahamoサイトからSIMのみを他社から乗り換えで申し込み
  • 【ポイント進呈時期】2024年7月下旬以降順次
 

ahamoに関する注釈

ahamoでは、一部利用できないサービスがあります。

サポートについてahamoは申し込みからサポートまでオンラインで受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートを希望する場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) を利用してください。
なお、申し込み時の端末操作は契約者自身で実施することになります。
また、端末初期設定およびデータ移行などは 本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移行の補助を希望する人は「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途申し込んでください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。
オンライン手続きについてオンラインで24時間いつでも受付可能ですが、サイトメンテナンス中など受付できない場合があります。
月額料金についてahamoは20GB使えて月額2970円です(機種代金別途)。
国内通話料金についてahamoは国内通話料金は5分以内無料ですが、5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。
SMSや他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
海外パケット通信について海外91の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料ですが、15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかります。
国内利用と合わせての容量上限です、
端末の契約について利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がされていない場合については、ahamoを利用することはできません。
利用中の機種が対応しているかどうかはahamoサイトにてご確認ください。
SIMカードの契約についてMNP予約番号を取得の上、ahamoサイトからMNPによる新規申し込み手続きが必要です。

 

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

あどはこモでは、ドコモの料金プラン「ahamo(アハモ)」の新規契約・他社から乗り換えで契約手順、ahamoのSIMカードやeSIMをiPhoneで使う方法などを分かりやすく解説しています。ドコモとahamoどちらも契約しています。 全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

-ahamoに乗り換え