解説

ahamo(アハモ)で機種変更する方法・手順を徹底解説

2024年1月1日

ahamo(アハモ)で機種変更する方法・手順を徹底解説。自分で新スマホを用意する(持ち込み機種変更)、ドコモオンラインショップやahamoサイトで機種変更する方法があります。

SIMのみ+他社から乗り換えでdポイント5000ポイント還元実施中!

  • SIMのみ契約+他社から乗り換えでdポイント5000ポイント還元!
  • ahamo対象機種を新規契約・他社から乗り換えで契約すると1万1000円~最大4万700円割引!

2024年2月26日までの間にキャンペーンサイトからエントリーして、ahamoサイトからSIMを申し込み、2024年2月29日までにahamo開通を完了させるとdポイント(期間・用途限定)5,000ポイント貰えます!

2023年12月13日より、ahamo契約と同時に購入できる機種ラインナップに、iPhone 15, iPhone 15 Plus, iPhone 15 Proなどが追加!

ahamoサイト内で「ahamo」の契約から機種購入までをシンプルに完結できるようになりました。

 

ahamoでも機種変更は可能!機種変更する方法・選択肢を解説

【方法①】自分で用意した新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う(=持ち込み機種変更)

自分で用意した新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneに、ahamoのSIMカードを入れるだけで(差し替え)利用できます。

日本国内で販売されていて、価格.comに製品情報が登録されているSIMフリー版Androidスマホは、絶対ににドコモ回線に対応しています。

NTTドコモは日本で契約者数が一番多い携帯電話会社です。日本で商品展開するのにドコモ回線非対応はありえないです。絶対に対応しているのでご安心ください。

SIMフリー版iPhoneも絶対に使えるのでご安心ください。iPhoneが使えないキャリア・格安SIMは存在しません。

【方法②】中古スマホ販売店でスマホを購入して使う(持ち込み機種変更)

  • ゲオモバイル、じゃんぱら、イオシスなどの中古スマホ販売店で中古スマホを購入する
  • ahamoのSIMカード/eSIMを入れて利用する

利用する方法があります。こちらも持込機種変更になります。

中古スマホ販売店では、ネットワーク利用制限○、SIMロック解除済みorSIMフリー版のAndroidスマホやiPhoneを購入してください。

【方法③】ドコモオンラインショップでドコモスマホを購入して使う

2021年5月19日から、ahamo契約のまま、ドコモオンラインショップで販売されているAndroidスマホやiPhoneを「機種変更」で購入できるようになっています。

ドコモで販売されているiPhone 15シリーズや、最新のXperiaやAQUOSなどに機種変更できます。ahamoでSIMのみ契約している人も機種変更で購入できるのでご安心ください。

機種変更時にいつでもカエドキプログラム、いつでもカエドキプログラム+を適用させることも可能です。

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料無料
  • 2750円以上で送料無料
  • オンラインだから待ち時間なし
  • ドコモショップでも受取可能
  • 最短2日でお届け
  • dカードならdポイント2%貯まる
  • オンラインショップでもスタッフのチャットサポート・電話サポートあり

ドコモオンラインショップはすべての手続きにおいて契約事務手数料がかかりません。機種変更・契約変更しても無料です。

1回のご注文金額の合計が2,750円以上の場合は全国どこでも送料無料で届けてくれます。2,750円に満たない場合、通常便の場合は550円、メール便の場合は220円の支払いが必要です。

オンラインなので待ち時間なしで、24時間いつでも自分の好きなときに機種変更できます。

ドコモオンラインショップのデメリット

  • 未成年(18歳未満)名義で契約している場合手続きできない
  • ahamo契約者は、キッズケータイ SH-03MおよびKY-41C、dtab Compact d-42Aへの機種変更およびDIGNOケータイ ベーシック KY-41Bでの利用はできない

SIMフリー版Androidは、「ahamo対応機種」じゃなくても普通に使えるし、使っている人はいくらでもいる

ahamoで動作確認されていないSIMフリー版Androidスマホを使うことにすごく怯えている人がいますが、ahamo対応機種じゃなくても利用している人はいくらでもいます。

繰り返しますが、日本国内で販売されていて、価格.comに製品情報が登録されているSIMフリー版Androidスマホは、絶対にドコモ回線に対応しています。

NTTドコモは日本で契約者数が一番多い携帯電話会社です。日本で商品展開するのにドコモ回線非対応はありえないです。

もともとahamoはSIMフリー版Androidスマホの動作確認は消極的です。

「ahamo対応機種ではない」ことはあなたが思っているよりもそんなに深刻な問題ではなく普通に使えます。心配だったら価格comの口コミ掲示板で「機種名 ahamo」とかで調べてください。

製品公式サイトのパンフレットにも「マルチキャリア対応(docomo/au/SoftBank......)」と記載されていることもあります。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

自分で新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを用意して機種変更する場合の手順を解説

【手順①】SIMフリー版スマホを購入する

ahamoで使いたいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを購入してください。

動作確認情報は、対応端末一覧 | ahamoをご覧ください。eSIMの動作確認情報を見たいときは「eSIM対応端末のみ表示」にチェックを入れてください。

日本国内で販売されているSIMフリー版Androidスマホはドコモ回線に絶対に対応しています。動作確認されていない機種でも使えます。大丈夫です。

ドコモは日本で契約者数が一番多い携帯電話会社です。日本で商品展開するのにドコモ回線非対応はありえません。

iPhoneは、SIMフリー版でもキャリア版でもスペック・対応している周波数帯は全く同じです。SIMフリー版だけが利用できる機能とか、キャリア版だと利用できない機能とか、そういう機能制限は一切ありません。

SIMフリー版iPhone

新品SIMフリー版iPhoneは、アップルストア(オンライン・実店舗)やAmazon、家電量販店(通販サイト・実店舗)などで購入できます。

楽天モバイル楽天市場店でもiPhoneの単体購入ができるようになっており、楽天ポイントが溜まります。購入時に楽天ポイントを使って購入もできますよ。

iPhoneを一括払いで購入できる余裕があるなら、SIMフリー版iPhoneを購入がおすすめです。SIMフリー版が国内最安値です。キャリアから販売されているiPhoneは下手するとSIMフリー版と比較して3万円程度は上乗せされています。

SIMフリー版Androidスマホ

SIMフリー版Androidスマホは、Amazon、家電量販店(通販サイト・実店舗)で購入できます。価格コムのランキング上位にいるスマホがおpすすめです。

【手順②】旧スマホでデータのバックアップ・引き継ぎ作業等を行い、旧スマホから新スマホにデータを移行する

旧スマホでデータのバックアップ、不要な画像・動画などのデータ削除、アプリの引き継ぎ作業を行い、手持ちのスマホから新しいスマホにデータを移行させてください。

アプリのなかには、「引き継ぎコード」を発行して新スマホで引き継ぎコードを入力するとデータ引き継ぎが完了するものがあります。

iPhoneからiPhoneにデータを移行する

iPhoneからiPhoneにデータを移行する場合、クイックスタート機能を利用すると便利です。

iOS 11 以降を搭載している iPhone を新しい iPhone の近くに置くことで、新しい iPhone を素早くセットアップすることができます。

また、新旧 iPhone それぞれが iOS 12.4 以降を搭載していれば、直接データ転送も行うことができます。

ドコモはなぜかクイックスタート機能を利用したデータ移行方法の解説ページがないので、ソフトバンクの公開している[iPhone]簡単にデータを移行する方法はありますか?(クイックスタート) | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンクをご覧ください。

AndroidスマホからAndroidスマホにデータ移行する

各メーカーがデータ移行アプリを提供している場合はそちらを利用してください。スマホを2台並べてワイヤレスで移行する方法、スマホ2台をUSBケーブルで接続して移行する方法などがあります。

Androidスマホ全般のデータ移行方法は、新しい Android デバイスに切り替える - Android ヘルプをご覧ください。

各メーカーサイトでもデータ移行方法を案内していますので、こちらも利用してください。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行する

「iOSに移行」アプリを使うといいでしょう。

iOSは、あらゆることが簡単にできるように設計されています。それは、乗り換えも例外ではありません。“iOSに移行” Appを使えば、わずか数ステップで、お使いのAndroidデバイスにあるコンテンツを自動的に、そして安全に移し替えることができます。Androidから乗り換える前に、データをどこかほかの場所に保存する必要はありません。“iOSに移行” Appにより、あらゆる種類のデータが自動的に、そして安全に転送されます:

【手順③】新スマホにahamoのSIMを入れてAPN設定する

新スマホにahamoのSIMを入れてAPN設定してください。

ahamoでSIMカードのみ契約している場合は、新スマホにahamoのSIMカードを入れてください。

ahamoでeSIMのみ契約している場合は、ahamo側でeSIM再発行手続きを行ってください。

APN設定の直後はドコモ回線(ahamo)に繋がりにくい・なかなか4G表示にならないことがよくあるので、機内モードオンオフやモバイルデータ通信オンオフしてみてください。

SIMカードの場合

iPhoneはSIMカードを入れるとAPN設定が自動で完了します。

AndroidスマホはSIMカードを入れた後にAPN設定が自動で完了するもの、手動で設定が必要なものがあります。

ドコモオンラインショップで購入したAndroidスマホの場合はAPN設定不要です。

eSIMの場合

iPhoneはeSIMクイック転送機能を利用して新iPhoneにeSIMを転送してください。iPhoneはAPN設定が自動で完了します。

Androidスマホは、ahamoのWEBサイトからeSIM再発行手続きを行い、新スマホにeSIMをインストール後、新スマホでAPN設定してください。

【手順④】新スマホにSIMを入れ、発信テストを行う

新スマホにahamoのSIMカードを入れる/ahamoのeSIMプロファイルをインストールして、発振テストを行ってください。

発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認してください。

発信テスト用番号へ電話をかけると着信が来ます。着信後「ただいま着信試験をおこなっております。」というガイダンスが流れたら正常に利用できています。

ドコモやahamoに頼らず自分で新しいスマホを用意して機種変更するとき、SIMはどうするの?

【SIMカード】旧スマホからahamoのSIMカードを抜いて新スマホに入れるだけでOK

  • ahamoでSIMカードのみ契約している
  • 手持ちのスマホが古くなったので新しいスマホを購入して機種変更したい

という場合は、旧スマホからahamoのSIMカードを抜いて、新スマホにSIMカードを入れるだけでOKです。

SIMカードの交換や再発行などは必要ありません。

【eSIM】eSIM再発行手続きが必要。iPhoneならeSIMクイック転送を使えばOK

  • ahamoでeSIMのみ契約している
  • 手持ちのeSIM対応スマホが古くなってきたので、新しいeSIM対応スマホを購入して機種変更したい

ときは、iPhoneからiPhoneへの機種変更であれば、「eSIMクイック転送機能」を利用して、ahamoのeSIMを新しいiPhoneに転送してください。

AndroidスマホからAndroidスマホへの機種変更であれば、ahamoのWEBサイトからeSIM再発行手続きして、新しいAndroidスマホにahamoのeSIMをインストールしてください。

iPhoneのeSIM再発行の手順

  1. iPhone 11シリーズ以降、iPhone SE(第3世代)以降であれば利用可能
  2. 新しいiPhoneとこれまで利用していたiPhoneを、iOS 16.4以上にアップデートする
  3. eSIMクイック転送機能を利用して、新しいiPhoneにeSIMを転送する
  4. 新しいiPhoneのWi-Fiをオフにして、モバイルデータ通信・音声通話が利用できることを確認してahamoの利用開始

eSIMをahamoのWEBサイトから再発行する場合

  • ahamoにログインする
  • メニューから「その他の手続き」を押す
  • 「eSIM発行・再発行のお手続き」を押す
  • eSIM情報を入力する
  • 手持ちのスマホで初めてeSIMを利用する場合は、「新しい機種(持ち込み)でeSIM発行」を選択する
  • EID(32桁)を入力する
  • 入力内容を確認して注文完了
  • eSIMの開通 | 申し込みの流れ | ahamoを参考にしてeSIMプロファイル(QRコード)を新スマホで読み取り、新スマホにeSIMをインストールする
  • 新スマホでデータ通信・音声通話が利用できることを確認してahamoの利用開始
  • iPhoneの場合、EIDは[設定]>[一般]>[情報]の画面で確認できます。
  • Androidの場合、EIDは[設定アプリ]>[デバイス情報]>[SIMのステータス]の画面で確認できます。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamo(アハモ)で機種変更時に利用できるキャンペーン

オンラインショップおトク割

対象機種をする人を対象に、機種代金から割引します。すべての購入方法が対象です(機種だけ(白ロム)購入も含む)。

※機種変更はドコモオンラインショップで手続きが可能です。

対象機種名割引額
Galaxy S23 SC-51D20,000円割引
Galaxy Z Flip5 SC-54D15,400円割引
AQUOS R8 SH-52D11,000円割引
  • その他割引と重複できない場合があります。
  • ※ Galaxy S23 SC-51D・Galaxy Z Flip5 SC-54D・AQUOS R8 SH-52Dは「5G WELCOME割」と同時に割引適応可能です。
  • 対象機種や対象機種の割引額は変わる可能性がございます。
  • 「在庫なし」の商品については、今後入荷がなく販売終了となる場合があります。
  • 表示金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込みです。

オンラインショップ限定機種購入割引

オンラインショップで対象機種を購入する人を対象に、購入時にオンラインショップ価格から割引します。すべての購入方法が対象です(機種だけ(白ロム)購入も含む)。

※機種変更はドコモオンラインショップで手続きが可能です。

対象機種名割引額
arrows N F-51C40,700円割引

いつでもカエドキプログラム/いつでもカエドキプログラム+

ahamoの契約と同時にスマホを購入するときに、いつでもカエドキプログラムまたはいつでもカエドキプログラム+のいずれかを利用できます。

いつでもカエドキプログラム+について

機種返却のタイミングに応じて残りの購入代金の支払いが不要になるおトクなプログラムです。

「いつでもカエドキプログラム」と「smartあんしん補償」の両方に加入および継続したうえで、残価設定型24回払にて対象機種を購入される人が利用できます。

対象機種を「残価設定型分割払い24回払い」で購入することで、機種返却のタイミングに応じて残りの購入代金の支払いが不要になります。

対象機種が故障した場合でも、故障時利用料を支払うことでプログラムを利用できます。

機種本体の補償に加えて、イエナカ機器やスマホの不正決済、携行品も補償。スマホライフに“あんしん”をプラスできます。

いつでもカエドキプログラムについて

いつでもカエドキプログラムは、「残価設定型24回の分割払い」で購入した対象機種を23か月目までにドコモに返却して、利用条件を満たした場合に、24回目(残価)の分割支払金の支払いを不要とするプログラムです。

23か月目までに対象機種を返却しない場合、支払期間(回数)を49か月(47回)に延長し、24回目(残価)の分割支払金をさらに24分割した金額を24回目以降の各回の分割支払金として支払いが必要です。

下取りプログラム

ahamoやドコモオンラインショップでスマホ購入時に、手持ちのスマホやタブレットを下取りに出すとdポイントが貰えます。Androidは最大70,000円相当、iPhone/iPadは最大114,000円相当のdポイントが貰えます。

下取り条件

  • ドコモおよびahamoにて販売したiPhone・iPadの場合、下取り申し込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
  • 他社が販売したiPhone・iPadの場合、以下条件を満たす必要があります
    ①下取り申し込み機種が正規店で購入されたiPhone・iPadであること
    ②新規契約(MNP含む)と同時に、ahamoのスマホを購入し、下取りの申し込みをすること
  • 下取り申し込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • 下取り申し込み機種が基盤破裂、機種判別不可ではないこと。また機種本体の一部部品のみではないこと
  • 下取り申し込み機種に記録されているメモリ/データが消去されていること
  • 改造していないこと
  • 下取り申し込み機種の所有権を有していること
  • iPhone・iPadのアクティベーションロックを含む、各種ロックが解除できること

機種のご購入が伴う場合であれば、下取りプログラムを利用できます。
機種変更やahamoお申込みの際に、下取りプログラムも一緒にお申込みください。
詳しくは、下取りプログラムをご覧ください。

ahamo契約者がドコモオンラインショップで機種変更する手順

【手順①】ドコモオンラインショップでスマホを購入

ドコモオンラインショップでスマホを購入するときは、dアカウントまたはネットワーク暗証番号と、クレジットカードまたは特定の金融機関口座が必要です。

機種変更/契約変更をする回線のdアカウントでログインしてください。事前に「dアカウント設定アプリ」によるパスワードレス設定が必要になります。または、手続きするドコモ回線でアクセスすると、4桁のネットワーク暗証番号だけでログインできます。

ドコモオンラインショップにアクセスして、AndroidスマホやiPhoneを購入してください。

機種代金の支払い方法は、分割払い(いつでもカエドキプログラム+)、分割払い、一括払いから選択できます。

商品の受取方法を、「宅配便で受け取る」(ご契約住所)、「ドコモショップスタッフがお届け」(初期設定サポートあり)、「ドコモショップで受け取る」から選択できます。

※docomo Certified(ドコモ認定リユース品)をご注文の場合、ドコモショップ受取は利用いただけません。

※ahamo契約回線でのご注文の場合、ドコモショップ受取(最短当日に受け取り)のみご利用可能です。

※ドコモショップ受取は、お手続き内容にかかわらず、契約者ご本人さまによる受け取りが必要となります。

【手順②】商品が手元に届くので確認する

商品が手元に届いたら、申し込んだ商品と相違がないか確認してください。

なお、新しいスマホはバッテリー残量が非常に少なくなっている可能性があります。データ移行を行う前に箱から出して充電しておくといいですよ。

【手順③】旧スマホでデータのバックアップ・引き継ぎ作業等を行い、新スマホにデータを移行する

旧スマホでデータのバックアップ、不要な画像・動画などのデータ削除、アプリの引き継ぎ作業を行い、手持ちのスマホから新しいスマホにデータを移行させてください。

アプリのなかには、「引き継ぎコード」を発行して新スマホで引き継ぎコードを入力するとデータ引き継ぎが完了するものがあります。

iPhoneからiPhoneにデータを移行する

古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行するときは、クイックスタート機能を利用すると便利です。

iOS 11 以降を搭載している iPhone を新しい iPhone の近くに置くことで、新しい iPhone を素早くセットアップすることができます。

また、新旧 iPhone それぞれが iOS 12.4 以降を搭載していれば、直接データ転送も行うことができます。

ドコモはなぜかクイックスタート機能を利用したデータ移行方法の解説ページがないので、ソフトバンクの公開している[iPhone]簡単にデータを移行する方法はありますか?(クイックスタート) | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンクをご覧ください。

AndroidスマホからAndroidスマホにデータ移行する

各メーカーがデータ移行アプリを提供している場合はそちらを利用してください。スマホを2台並べてワイヤレスで移行する方法、スマホ2台をUSBケーブルで接続して移行する方法などがあります。

各メーカーサイトでもデータ移行方法を案内していますので、こちらも利用してください。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行する

「iOSに移行」アプリを使うといいでしょう。

iOSは、あらゆることが簡単にできるように設計されています。それは、乗り換えも例外ではありません。“iOSに移行” Appを使えば、わずか数ステップで、お使いのAndroidデバイスにあるコンテンツを自動的に、そして安全に移し替えることができます。Androidから乗り換える前に、データをどこかほかの場所に保存する必要はありません。“iOSに移行” Appにより、あらゆる種類のデータが自動的に、そして安全に転送されます:

【手順④】WEBまたは電話での開通手続きを行う(SIMカードが同梱されている場合のみ)

  • ドコモオンラインショップで販売されているAndroidスマホやiPhoneに機種変更した
  • ahamo公式サイトで販売されているスマホに機種変更した

場合、新スマホと一緒に新SIMカードが同梱されていることがあります。

新SIMカードが同梱されている場合、WEBまたは電話で開通の手続きが必要です。どちらも24時間手続き可能です。

切り替え(開通)手続きは、ドコモからの商品出荷日(注文完了の翌日)から起算して15日以内に行う必要があります。当該期間内に切り替え(開通)手続きしない場合、契約者が商品を受け取ったか否かに関わらず、契約者への通知なく自動的に切り替え(開通)手続きがとられます。

ドコモオンラインショップでの開通手続きの手順

  • トップページのメニューから「購入履歴」をクリック
  • ログインまたは「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力
  • 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック
  • 「開通前のご確認事項」「受付確認メール送信先」を確認
  • 内容を確認し「ご注文を確定する」で開通手続き完了

【手順⑤】新スマホにSIMを入れ、発信テストを行う

新スマホにahamoのSIMカードを入れる/ahamoのeSIMプロファイルをインストールして、発振テストを行ってください。

発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認してください。

発信テスト用番号へ電話をかけると着信が来ます。着信後「ただいま着信試験をおこなっております。」というガイダンスが流れたら正常に利用できています。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ドコモ契約者は、機種変更完了後にahamoにプラン変更するとよい

名義変更なし、ドコモからahamoに移行する場合

  • 今ドコモを契約中である
  • ドコモからahamoにプラン変更したい
  • 手持ちのドコモスマホが古いので新しいスマホにしてからプラン変更したい

結論から言うと、ドコモオンラインショップ等で自分の欲しいAndroidスマホやiPhoneを機種変更で購入し、新スマホを使えるようにしてから(開通完了してから)、ahamoにプラン変更すればいいだけです。

ドコモからahamoへの変更は「料金プラン変更」と同じ扱いなので、ahamo公式サイトで申込が完了すると、自動でドコモからahamoに切り替わります。

ドコモとahamoのSIMカードは共通です。ドコモからahamoに変更するとき、SIMカードの交換は不要です。

ドコモからahamoに変更するとき、SIMカードのLINEの年齢認証が済んでいる場合、ドコモからahamoに変更しても年齢確認はそのままです。

ドコモでLINEの年齢確認が済んでいない場合は、ahamoサイト上で手続き可能です。詳細は、年齢判定機能の設定方法を教えてください。 | よくあるご質問 | ahamo

18歳以上の名義変更あり+ドコモからahamoに移行する場合

まずは、親とあなたの本人確認書類を持って、ドコモショップ実店舗に行って名義変更してください。その後の手順は名義変更なしのときと一緒です。

よくあるのが、「大学生や社会人になったから自分で携帯料金を払えって言われたので名義変更したい」パターンだと思いますが、まずは名義変更してください。

名義変更が完了したら、ドコモ店舗やドコモオンラインショップで機種変更の完了後、ahamoにプラン変更してください。

なお、ahamoは未成年者名義での契約はできません。契約できるのは18歳以上の人に年齢制限しています。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

SIMのみ+他社から乗り換えでdポイント5000ポイント還元実施中!

  • SIMのみ契約+他社から乗り換えでdポイント5000ポイント還元!
  • ahamo対象機種を新規契約・他社から乗り換えで契約すると1万1000円~最大4万700円割引!

2024年2月26日までの間にキャンペーンサイトからエントリーして、ahamoサイトからSIMを申し込み、2024年2月29日までにahamo開通を完了させるとdポイント(期間・用途限定)5,000ポイント貰えます!

2023年12月13日より、ahamo契約と同時に購入できる機種ラインナップに、iPhone 15, iPhone 15 Plus, iPhone 15 Proなどが追加!

ahamoサイト内で「ahamo」の契約から機種購入までをシンプルに完結できるようになりました。

 

ahamoに関する注釈

ahamoでは、一部利用できないサービスがあります。

サポートについてahamoは申し込みからサポートまでオンラインで受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートを希望する場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) を利用してください。
なお、申し込み時の端末操作は契約者自身で実施することになります。
また、端末初期設定およびデータ移行などは 本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移行の補助を希望する人は「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途申し込んでください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。
オンライン手続きについてオンラインで24時間いつでも受付可能ですが、サイトメンテナンス中など受付できない場合があります。
月額料金についてahamoは20GB使えて月額2970円です(機種代金別途)。
国内通話料金についてahamoは国内通話料金は5分以内無料ですが、5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。
SMSや他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
海外パケット通信について海外91の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料ですが、15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかります。
国内利用と合わせての容量上限です、
端末の契約について利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がされていない場合については、ahamoを利用することはできません。
利用中の機種が対応しているかどうかはahamoサイトにてご確認ください。
SIMカードの契約についてMNP予約番号を取得の上、ahamoサイトからMNPによる新規申し込み手続きが必要です。

 

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

あどはこモでは、ドコモの料金プラン「ahamo(アハモ)」の新規契約・他社から乗り換えで契約手順、ahamoのSIMカードやeSIMをiPhoneで使う方法などを分かりやすく解説しています。ドコモとahamoどちらも契約しています。 全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

-解説