解説

auスマホをahamo(アハモ)でも使うときに確認することや注意点

2022年1月23日

auスマホをahamo(アハモ)でも使うときに確認することや注意点。

LINEMOでお得なキャンペーン実施中!

LINEMO契約でPayPayボーナス還元!

  • SIMカードやeSIM契約でPayPayボーナスが貰える!
  • 月3GB/月額990円の「ミニプラン」、月20GB/月額2728円の「スマホプラン」の2つのプランが選べる
  • LINEアプリを使ったトーク・通話・ビデオ通話が使い放題
  • ソフトバンクと同一ネットワークで高速通信できる
  • 各社提供のメールアドレス持ち運びサービスを使えばLINEMOでも今のキャリアのメールアドレスが利用可能!
 

auで購入したAndroidスマホをahamo(アハモ)でも使うときに確認することや注意点

  • ahamoで提供されているSIMカードはnanoSIMサイズのみ
  • 自分の使いたいスマホのSIMサイズを確認する。9.9割の人はnanoSIMなので大丈夫
  • auのAndroidスマホをahamoで使うなら、SIMロック解除が絶対に必要
  • auのAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していない可能性が非常に高い
  • ahamoはAndroidスマホ+eSIMの動作確認をしていないので注意

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoで提供されているSIMカードはnanoSIMサイズのみ

ahamoでは「nanoSIMサイズ」のSIMカード1種類のみ提供しています。ちなみにahamoでの正式名称は「ahamo UIMカード GD01」です。

ahamoを新規契約または他社から乗り換えで契約するときは、絶対にnanoSIMカードが送られてきます。

つまりahamoで使えるAndroidスマホも、対応しているSIMサイズがnanoSIMのものに限られます。

ほとんどの人は、今使っているAndroidスマホのSIMサイズはnanoSIMです。

使いたいスマホのSIMサイズが分からないときは、他社の動作確認情報を見るといい

ahamoのSIMカードを入れて使いたいスマホのSIMサイズを確認してください。

SIMサイズが分からないときは、mineoの動作確認済み端末検索ページを参考にして調べてみてください。

たとえばこちらは、ドコモ版AQUOS sense2のmineoでの動作確認情報ですが、マルチSIM(nanoSIMサイズ)と記載されています。

ということは、AQUOS sense2のSIMサイズは「nanoSIM」であることが分かります。

調べる時の流れ

  • mineoの動作確認済み端末検索ページにアクセス
  • メーカー名を選後、その下にある「詳細絞り込みを開く」を選択する
  • 購入元携帯会社を選択する
  • 選択した携帯電話会社のスマホの動作確認情報が表示される
  • ほとんどの人は、「Aプラン/Dプラン/Sプラン」の横を見ると「nanoSIM」とか「nanoサイズ」とか書かれている
  • つまり、そのスマホのSIMサイズはnanoSIM

auのAndroidスマホをahamoで使うなら、SIMロック解除が必要

2021年9月30日までにauから販売されたAndroidスマホは、SIMロックがかかっているのでSIMロック解除が絶対に必要です。ahamoを契約する前にMy au等でSIMロック解除手続きをしてください。

2021年10月1日以降に新たにauから販売されたAndroidスマホは、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省が定めたガイドラインで、2021年10月1日以降に新たに販売するスマホは、SIMロックありの状態で販売することを原則として禁止しているからです。

auのAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していない可能性が非常に高い

auが公開しているSIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧を見て、使いたいスマホがLTE Band 1/3/19に対応しているかを確認してください。対応していたら○がついています。

LTE Band 1/3/19はドコモから販売されているAndroidスマホが絶対に対応している周波数帯です。使いたいAndroidスマホが最低限この3つの周波数帯に対応していれば、理論上はドコモ回線で通信できます。

使いたいスマホがLTE Band 1/3/19に対応していれば、ahamoに乗り換えても問題なく利用できます。

なお、auで販売しているAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していない可能性が高いです。

LTE Band 19に対応している製品は結構少ない

たとえばこちらはAQUOSの実装周波数帯一覧ですが、発売時期やモデルにもよりますが、LTE Band 19に対応しているものが多いです。

LTE Band 19に対応していない製品のほうが多い

たとえばこちらはGalaxyの実装周波数帯一覧ですが、LTE Band 19に対応していないことが分かります。ahamoで使うのはやめておいたほうがいいです。

ahamoはAndroidスマホ+eSIMの動作確認をしていないので注意

ahamoはAndroidスマホでeSIMの動作確認を実施していないので、Google PixelシリーズなどでeSIMを利用するときは自己責任になります。

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

auで購入したiPhoneをahamo(アハモ)でも使うときに確認することや注意点

  • auのiPhoneをahamoで使うなら、SIMロック解除が絶対に必要
  • SIMロックを解除すれば絶対にahamoが利用できる
  • iPhoneのSIMサイズは、iPhone 5シリーズ以降からずっとnanoSIM
  • eSIMを利用するときはeSIM対応iPhoneを用意すること

auで購入したiPhoneはSIMロックを解除すればahamoでも絶対に使える

2021年9月30日までにauから販売されたiPhone 12シリーズまでのiPhoneは、SIMロックありの状態で販売されています。ahamoを契約する前に My au等でSIMロック解除してください。

2021年10月1日以降にauから新たに販売されるiPhoneは、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

これはなぜかというと、総務省が定めたガイドラインで、2021年10月1日以降に新たに販売するスマホは、SIMロックありの状態で販売することを原則として禁止しているからです。

なお、iPhone 13シリーズは2021年9月24日に発売されましたが、先立ってSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

iPhoneのSIMサイズは、iPhone 5シリーズ以降からずっとnanoSIM

iPhoneのSIMサイズは、iPhone 5シリーズ以降からずっとnanoSIMです。

ahamoのSIMカードは絶対に利用できるのでご安心ください。

eSIMを利用するときはeSIM対応iPhoneを用意すること

iPhoneにahamoのeSIMを入れて利用する場合は、そのiPhoneがeSIMに対応していることを確認してください。

eSIMに対応・非対応のiPhoneは以下の通り。

SIMカードeSIM
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
対応(nanoSIM)非対応
iPhone SE(第1世代)対応(nanoSIM)非対応
iPhone 7
iPhone 7 Plus
対応(nanoSIM)非対応
iPhone 8
iPhone 8 Plus
対応(nanoSIM)非対応
iPhone X対応(nanoSIM)非対応
iPhone XS
iPhone XS Max
対応(nanoSIM)対応
iPhone XR対応(nanoSIM)対応
iPhone 11シリーズ対応(nanoSIM)対応
iPhone SE(第2世代)対応(nanoSIM)対応
iPhone 12シリーズ対応(nanoSIM)対応
iPhone 13シリーズ対応(nanoSIM)対応

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoにするならdカードがお得!

ahamoでdカードを利用するとお得です。dカードに新規入会・各種設定・利用に応じてdポイント(期間・用途限定)が進呈されます。

カード名dカードdカード GOLD
年会費永年無料1万1000円(税込)
ahamo
dカードボーナス
パケット特典
+1GB/月+5GB/月
dカードケータイ補償購入から1年以内の場合に
最大1万円分補償
購入から3年以内の場合に
最大10万円分補償

<ahamo>dカードボーナスパケット特典の注釈

dカードを利用している人が、ahamo利用料金の支払い方法をdカードに設定すると、ahamoの利用可能データ量が+1GB増量します。

dカード GOLDを利用している人が、ahamo利用料金の支払い方法をdカード GOLDに設定すると、ahamoの利用可能データ量が+5GB増量します。

dカードケータイ補償

dカードのケータイ補償は、補償金額は最大1万円分です。条件は、①購入から1年以内で偶然の自己などにより紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)となった場合、②新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカードで購入した場合に適用されます。

dカード GOLDのケータイ補償は、補償金額は最大10万円分です。条件は、①購入から3年以内で偶然の自己などにより紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)となった場合、②新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカードで購入した場合に適用されます。

年会費永年無料のおトクな一枚!
 
ドコモユーザーなら断然オススメ!
 

ahamoに関する注釈

ahamoでは、一部利用できないサービスがあります。

サポートについてahamoは申し込みからサポートまでオンラインで受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートを希望する場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) を利用してください。
なお、申し込み時の端末操作は契約者自身で実施することになります。
また、端末初期設定およびデータ移行などは 本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移行の補助を希望する人は「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途申し込んでください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。
オンライン手続きについてオンラインで24時間いつでも受付可能ですが、サイトメンテナンス中など受付できない場合があります。
月額料金についてahamoは20GB使えて月額2970円です(機種代金別途)。
国内通話料金についてahamoは国内通話料金は5分以内無料ですが、5分超過後は22円/30秒の通話料がかかります。
SMSや他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
海外パケット通信について海外82の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料ですが、15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかります。
国内利用と合わせての容量上限です、
端末の契約について利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がされていない場合については、ahamoを利用することはできません。
利用中の機種が対応しているかどうかはahamoサイトにてご確認ください。
SIMカードの契約についてMNP予約番号を取得の上、ahamoサイトからMNPによるサイン器申し込み手続きが必要です。

 

  • この記事を書いた人

あどはこモ編集部

あどはこモでは、ahamoの新規契約・他社から乗り換えで契約手順、ahamoのSIMカードやeSIMをiPhoneで使う方法などを分かりやすく解説しています。dドコモとahamoどちらも契約しています。

-解説